インバウンドとは・意味

インバウンドとは、「入ってくる」「内向きの」などを意味する言葉で、訪日外国人旅行客または訪日旅行を指します。観光庁の調査によると、2015年の訪日外国人旅行客は1,973万人、その後も増加を続け、2018年には3,000万人を突破しました。政府は2020年までに、日本に訪れる外国人旅行客数を年間4,000万人としています。民泊に関しては国家戦略特区の施策としての特区民泊や、イベント時の旅行者の宿泊の受け皿としての「イベント民泊」をはじめとした制度の整備が進み、2018年6月には住宅宿泊事業法(民泊新法)が施行され、増加するインバウンドの受け皿としての期待が高まっています。

【関連項目】インバウンドに関連する記事一覧
【関連ページ】民泊・宿泊事業者向けインバウンド対応支援サービス

インバウンドの最新情報

用語集一覧

かな・アルファベット順

あ行

アウトバウンド
アメニティ
イールドマネジメント
イコールフッティング
イベント民泊
今すぐ予約(Airbnb用語)
インバウンド
二毛作民泊

か行

簡易宿所
規制改革会議
ゲスト(Airbnb用語)
国家戦略特区

さ行

サステナブルツーリズム
サテライト民泊(サテライト型簡易宿所)
シームレス民泊
シェアリングエコノミー(共有型経済)
住宅宿泊協会(JAVR)
スーパーホスト(Airbnb用語)
スペシャルオファー(Airbnb用語)
スマートロック

た行

ダイナミックプライシング
特区民泊
テラハク

な行

農泊(農山漁村滞在型旅行)

は行

ハウスマニュアル
ハウスルール
バケーションレンタル
ブレジャー・ブリージャー(bleisure)
分散型旅行
分散型ホテル
ホームステイ型民泊
ホスト・メンター・プログラム(Airbnb用語)
ホスト(Airbnb用語)
ホスト保証(Airbnb用語)
ホスト補償保険(Airbnb用語)
ホスピタリティテック

ま行

マイクロツーリズム
民旅
民泊サービスのあり方に関する検討会
メタ観光

や行

ヤミ民泊

ら行

リスティング(Airbnb用語)
リネン
旅行業法
旅館業法
レスポンシブルツーリズム

A-Z

ADR(Average Daily Rate:平均客室単価)
ブリージャー(bleisure)
BnB(Bed & Breakfast)
DMO(Destination Marketing/Management Organization)
OTA(Online Travel Agency)
RevPAR(Revenue Per Available Room)