簡易宿所とは・意味

簡易宿所とは、旅館業法における4種の旅館業(ホテル営業、旅館営業、簡易宿所営業、下宿営業)のうちの一つで、「宿泊する場所を多数人で共用する構造及び設備を主とする施設を設け、宿泊料を受けて、人を宿泊させる営業で、下宿営業以外のもの」(旅館業法第2条4項)を指します。

民泊物件に関して、厚生労働省および観光庁は、「民泊サービスのあり方に関する検討会」第4回において、民泊物件の規制緩和を目的として民泊物件を同法同項の「簡易宿所」と位置づける方針とし、第5回の検討会において、簡易宿所の面積基準を緩和することを目的として、「簡易宿所の要件を33平方メートル(収容定員が10人未満の場合には3.3平方メートルに収容定員の数を乗じて得た面積)以上を求める」規定に改正することが検討されました。その後、政令第九十八号旅館業法施行令の一部を改正する政令が2016年4月1日(平成28年4月1日)に施行されたことにより、簡易宿所の面積基準が上記の通りに緩和されました。

旅館業法簡易宿所に関する詳細な情報は下記をご参照ください。

【参考ページ】旅館業簡易宿所営業とは?許可要件や申請手続き、メリット・デメリットを徹底解説

用語集一覧

かな・アルファベット順

あ行

アウトバウンド
アメニティ
イールドマネジメント
イコールフッティング
イベント民泊
今すぐ予約(Airbnb用語)
インバウンド
二毛作民泊

か行

簡易宿所
規制改革会議
ゲスト(Airbnb用語)
国家戦略特区

さ行

サステナブルツーリズム
サテライト民泊(サテライト型簡易宿所)
シームレス民泊
シェアリングエコノミー(共有型経済)
住宅宿泊協会(JAVR)
スーパーホスト(Airbnb用語)
スペシャルオファー(Airbnb用語)
スマートロック

た行

ダイナミックプライシング
特区民泊
テラハク

な行

農泊(農山漁村滞在型旅行)

は行

ハウスマニュアル
ハウスルール
バケーションレンタル
ブレジャー・ブリージャー(bleisure)
分散型旅行
分散型ホテル
ホームステイ型民泊
ホスト・メンター・プログラム(Airbnb用語)
ホスト(Airbnb用語)
ホスト保証(Airbnb用語)
ホスト補償保険(Airbnb用語)
ホスピタリティテック

ま行

マイクロツーリズム
民旅
民泊サービスのあり方に関する検討会
メタ観光

や行

ヤミ民泊

ら行

リスティング(Airbnb用語)
リネン
旅行業法
旅館業法
レスポンシブルツーリズム

A-Z

ADR(Average Daily Rate:平均客室単価)
ブリージャー(bleisure)
BnB(Bed & Breakfast)
DMO(Destination Marketing/Management Organization)
OTA(Online Travel Agency)
RevPAR(Revenue Per Available Room)