分散型旅行とは・意味

分散型旅行とは、時間や場所を分散し、混雑を避ける旅行のことをいいます。Go To トラベル事業の公式サイトでは、旅行者に向けて、週末や連休を避け、人気の観光地だけではなく各地にある魅力的な場所を訪れ、ゆっくり旅を楽しむこと、今まで日中に訪れていた観光地の「朝」や「夕方」「夜」等の景色を楽しんでみることなどが例示されています。

分散型旅行の推進に向け、年末年始、ゴールデンウィーク、連休など、休暇をとって観光地に出かける人が多くなる日に人出が集中しないように、平日でも出かけやすいように休暇をとりやすくする、日中以外の時間帯でも楽しめる企画を充実するなどの方策が望まれています。

【ウェブサイト】分散型旅行 | 旅行者向け Go To トラベル事業公式サイト
【関連項目】分散型旅行に関連する記事一覧

用語集一覧

かな・アルファベット順

あ行

アウトバウンド
アメニティ
イールドマネジメント
イコールフッティング
イベント民泊
今すぐ予約(Airbnb用語)
インバウンド
二毛作民泊

か行

簡易宿所
規制改革会議
ゲスト(Airbnb用語)
国家戦略特区

さ行

サステナブルツーリズム
サテライト民泊(サテライト型簡易宿所)
シームレス民泊
シェアリングエコノミー(共有型経済)
住宅宿泊協会(JAVR)
スーパーホスト(Airbnb用語)
スペシャルオファー(Airbnb用語)
スマートロック

た行

ダイナミックプライシング
特区民泊
テラハク

な行

農泊(農山漁村滞在型旅行)

は行

ハウスマニュアル
ハウスルール
バケーションレンタル
ブレジャー・ブリージャー(bleisure)
分散型旅行
分散型ホテル
ホームステイ型民泊
ホスト・メンター・プログラム(Airbnb用語)
ホスト(Airbnb用語)
ホスト保証(Airbnb用語)
ホスト補償保険(Airbnb用語)
ホスピタリティテック

ま行

マイクロツーリズム
民旅
民泊サービスのあり方に関する検討会
メタ観光

や行

ヤミ民泊

ら行

リスティング(Airbnb用語)
リネン
旅行業法
旅館業法
レスポンシブルツーリズム

A-Z

ADR(Average Daily Rate:平均客室単価)
ブリージャー(bleisure)
BnB(Bed & Breakfast)
DMO(Destination Marketing/Management Organization)
OTA(Online Travel Agency)
RevPAR(Revenue Per Available Room)