規制改革会議とは・意味

規制改革会議とは、内閣府設置法に基づく内閣府本府組織令38条にて設置され、同令39条により、「経済に関する基本的かつ重要な政策に関する施策を推進する観点から、内閣総理大臣の諮問に応じ、経済社会の構造改革を進める上で必要な規制の在り方の改革(国及び地方公共団体の事務及び事業を民間に開放することによる規制の在り方の改革を含む)に関する基本的事項を総合的に調査審議すること」を目的として行われる会議をいいます。

民泊については、2015年6月に民泊サービスに関する検討が開始され、2016年中にさまざまな課題に対する結論を得ることが目標とされました。民泊に関する規制改革会議においては、民泊利用者の利便性の向上や安全性の確保を目的とした規制や民泊事業の実態に即した規制緩和などが議題とされています。

Airbnb・民泊ホストが意識するべき規制改革会議については下記記事を参考にしてください。

用語集一覧

かな・アルファベット順

あ行

アウトバウンド
アメニティ
イールドマネジメント
イコールフッティング
イベント民泊
今すぐ予約(Airbnb用語)
インバウンド
二毛作民泊

か行

簡易宿所
規制改革会議
ゲスト(Airbnb用語)
国家戦略特区

さ行

サステナブルツーリズム
サテライト民泊(サテライト型簡易宿所)
シームレス民泊
シェアリングエコノミー(共有型経済)
住宅宿泊協会(JAVR)
スーパーホスト(Airbnb用語)
スペシャルオファー(Airbnb用語)
スマートロック

た行

ダイナミックプライシング
特区民泊
テラハク

な行

農泊(農山漁村滞在型旅行)

は行

ハウスマニュアル
ハウスルール
バケーションレンタル
ブレジャー・ブリージャー(bleisure)
分散型旅行
分散型ホテル
ホームステイ型民泊
ホスト・メンター・プログラム(Airbnb用語)
ホスト(Airbnb用語)
ホスト保証(Airbnb用語)
ホスト補償保険(Airbnb用語)
ホスピタリティテック

ま行

マイクロツーリズム
民旅
民泊サービスのあり方に関する検討会
メタ観光

や行

ヤミ民泊

ら行

リスティング(Airbnb用語)
リネン
旅行業法
旅館業法
レスポンシブルツーリズム

A-Z

ADR(Average Daily Rate:平均客室単価)
ブリージャー(bleisure)
BnB(Bed & Breakfast)
DMO(Destination Marketing/Management Organization)
OTA(Online Travel Agency)
RevPAR(Revenue Per Available Room)