分散型ホテルとは・意味

分散型ホテルとは「町全体をホテルにする」というコンセプトのもと、宿泊スペース、飲食スペース、浴場などの設備や施設が地域内に分散しているホテルのことをいいます。宿泊施設は点在する空き家や歴史的建造物などを改装し、食事や銭湯は地域の店舗を活用するケースが多くみられます。

分散型ホテルは、イタリアのアルベルゴ・ディフーゾ(Albergo Diffuso)という取り組みがモデルになっています。地域ぐるみで観光客をもてなす発想は、アルベルゴ・ディフーゾから受け継がれたものです。1976年にイタリア北部で大地震が発生した後、住人が町を離れて空き家になった場所を有効活用するために考え出されました。

空き家解消と地域活性化につながる

分散型ホテルは観光客をひとつの建物に囲い込まないため、飲食店や土産物を扱う店舗などをはじめとし、街全体に人の流れが生まれます。このため分散型ホテルは空き家解消のみならず、地域活性につながる可能性があります。

こうしたメリットを持つ分散型ホテルは、2018年6月の旅館業法改正により、従来宿泊施設内に備えていることが要件とされていた設備や施設が地域に分散していても、ひとつの宿泊施設として営業許可を得られるようになったことも後押しし、広がりつつあります。

町をひとつの宿と見立て、地域価値の向上を目指す一般社団法人「日本まちやど協会」には2018年5月時点で6地域が登録、2021年3月時点では22地域が登録されています。

日本の分散型ホテルの例

分散型ホテルでは、行った先で暮らしているかのような旅を楽しむことができます。以下、国内の代表的な分散型ホテルを紹介します。

hanare(東京・谷中)

hanareを運営する株式会社HAGI STUDIOの代表は、日本まちやど協会の代表理事も務めています。

ENSO ANGO(京都・四条)

京都・四条にあるENSO ANGO。ENSOは禅における書画のひとつである「円相」、 ANGOは僧侶の修行である「安居」から名づけられています。

矢掛屋(岡山・矢掛町)

矢掛屋は2018年6月、イタリアの「アルベルゴ・ディフーゾ協会」から日本で初めて分散型ホテルとして認定されています。

【関連ページ】分散型ホテルとは・意味 | 世界のソーシャルグッドなアイデアマガジン | IDEAS FOR GOOD

分散型ホテルの最新情報

用語集一覧

かな・アルファベット順

あ行

アウトバウンド
アメニティ
イールドマネジメント
イコールフッティング
イベント民泊
今すぐ予約(Airbnb用語)
インバウンド
二毛作民泊

か行

簡易宿所
規制改革会議
ゲスト(Airbnb用語)
国家戦略特区

さ行

サステナブルツーリズム
サテライト民泊(サテライト型簡易宿所)
シームレス民泊
シェアリングエコノミー(共有型経済)
住宅宿泊協会(JAVR)
スーパーホスト(Airbnb用語)
スペシャルオファー(Airbnb用語)
スマートロック

た行

ダイナミックプライシング
特区民泊
テラハク

な行

農泊(農山漁村滞在型旅行)

は行

ハウスマニュアル
ハウスルール
バケーションレンタル
ブレジャー・ブリージャー(bleisure)
分散型旅行
分散型ホテル
ホームステイ型民泊
ホスト・メンター・プログラム(Airbnb用語)
ホスト(Airbnb用語)
ホスト保証(Airbnb用語)
ホスト補償保険(Airbnb用語)
ホスピタリティテック

ま行

マイクロツーリズム
民旅
民泊サービスのあり方に関する検討会
メタ観光

や行

ヤミ民泊

ら行

リスティング(Airbnb用語)
リネン
旅行業法
旅館業法
レスポンシブルツーリズム

A-Z

ADR(Average Daily Rate:平均客室単価)
ブリージャー(bleisure)
BnB(Bed & Breakfast)
DMO(Destination Marketing/Management Organization)
OTA(Online Travel Agency)
RevPAR(Revenue Per Available Room)