レスポンシブルツーリズムとは・意味

レスポンシブルツーリズムとは、観光に関わるすべての人がその土地の環境や文化などに与える影響に責任を持つべきであるという考えのもと、よりよい観光地をつくる動きのことをいいます。サステナブルツーリズム(持続可能な観光)と考えが共通する部分がみられ、レスポンシブルツーリズムでは、より旅行者側に持続可能性の意識をもってもらうことを重視しています。

レスポンシブルツーリズムは、Pinterestのトレンドレポートである「2020年版 Pinterest 100」で要注目の10のテーマのひとつにあげられており、世界中の人々の間で注目されてきています。同レポートによると「ごみゼロ旅行の必需品」や「エコトラベル」などの言葉の検索数が、2018年から2019年にかけて継続的に増加しています。

また、日本政府観光局(JNTO)によると、観光業は新型コロナウイルスのパンデミックの影響を受け、世界的にレスポンシブルツーリズムの方向へ舵を切る動きが広がっています。観光地側は、地域の住民や自然環境などに配慮する「責任ある旅行者」に来てもらうよう誘導することで、地域経済や環境に対するよい影響を期待することができます。

レスポンシブルツーリズムの事例

国内でレスポンシブルツーリズムに取り組んだ例として、合掌造り集落で有名な岐阜県の白川村があげられます。例年1月~2月のイベント期間中には人口600人弱の集落に1日8,000人を超える観光客が訪れ、渋滞や住民とのトラブルなどが問題になっていました。そこで2019年、シャトルバスの乗車券の完全予約制を導入し、駐車場に駐車できる台数を制限しました。その結果、来場者は減少したものの、食事処や土産処の売上などの経済効果は例年とほぼ変わらなかったと報告されています。

また、世界に目を向けると、ハワイもレスポンシブルツーリズムの促進に意欲をみせています。ハワイ州観光局はニュースレターで「野生動物に餌を与えない」「住民が大切にする神聖な場所を訪れる際は敬意を払う」など、レスポンシブルツーリズムの実践を呼びかけています。

【参照ページ】2020年版 Pinterest 100
【参照ページ】【全世界が向かう方向へ】SDGsとレスポンシブル・ツーリズム(責任ある観光)
【参照ページ】JTB総合研究所「600人の村に8000人」
【関連ページ】レスポンシブルツーリズムとは・意味 | 世界のソーシャルグッドなアイデアマガジン | IDEAS FOR GOOD

レスポンシブルツーリズムの最新情報

用語集一覧

かな・アルファベット順

あ行

アウトバウンド
アメニティ
イールドマネジメント
イコールフッティング
イベント民泊
今すぐ予約(Airbnb用語)
インバウンド
二毛作民泊

か行

簡易宿所
規制改革会議
ゲスト(Airbnb用語)
国家戦略特区

さ行

サステナブルツーリズム
サテライト民泊(サテライト型簡易宿所)
シームレス民泊
シェアリングエコノミー(共有型経済)
住宅宿泊協会(JAVR)
スーパーホスト(Airbnb用語)
スペシャルオファー(Airbnb用語)
スマートロック

た行

ダイナミックプライシング
特区民泊
テラハク

な行

農泊(農山漁村滞在型旅行)

は行

ハウスマニュアル
ハウスルール
バケーションレンタル
ブレジャー・ブリージャー(bleisure)
分散型旅行
分散型ホテル
ホームステイ型民泊
ホスト・メンター・プログラム(Airbnb用語)
ホスト(Airbnb用語)
ホスト保証(Airbnb用語)
ホスト補償保険(Airbnb用語)
ホスピタリティテック

ま行

マイクロツーリズム
民旅
民泊サービスのあり方に関する検討会
メタ観光

や行

ヤミ民泊

ら行

リスティング(Airbnb用語)
リネン
旅行業法
旅館業法
レスポンシブルツーリズム

A-Z

ADR(Average Daily Rate:平均客室単価)
ブリージャー(bleisure)
BnB(Bed & Breakfast)
DMO(Destination Marketing/Management Organization)
OTA(Online Travel Agency)
RevPAR(Revenue Per Available Room)