Livhub(リブハブ)とは?

Livhub(リブハブ)は、旅する、暮らす、働く、遊ぶ、学ぶ、あらゆる境界線をなめらかにして、自分らしくサステナブルな生き方を楽しむウェブマガジンです。体験、民泊、ワーケーション、二拠点・多拠点居住、地方創生、シェアリングエコノミーまで、人も自然も豊かにするアイデアをご紹介します。

Livhub(リブハブ)からのお知らせ

ニュース

ニュース

JNTO、台湾・香港・英国・豪州の4市場における訪日旅行への新型コロナの影響と旅行者ニーズを調査

日本政府観光局(JNTO)は、訪日旅行の主要21市場1地域からピックアップした台湾・香港・英国・豪州の4つの市場を対象に、2020年9月、訪日旅行市場における新型コロナ感染症の影響と需要回復局面の旅行者ニーズと志向に関するオンラインのアンケート調査を実施した。

ニュース

横浜発サーキュラーエコノミーを学べるまちづくり学習プログラム、1月より開始

サーキュラーエコノミー推進プラットフォーム「Circular Yokohama」を運営するハーチ株式会社は2021年1月6日より、一般社団法人YOKOHAMAリビングラボサポートオフィス、NPO法人横浜コミュニティデザイン・ラボとともに、横浜の地域課題解決プラットフォーム「LOCAL GOOD YOKOHAMA」のスクール事業第一弾として、サーキュラーエコノミーをテーマとするまちづくり学習プログラム「Circular Economy Plus School(サーキュラーエコノミープラススクール)」を開始する。

⇒ニュースの一覧を見る

インタビュー

東京・渋谷のAirbnbスーパーホストが語る民泊運営の実情、これから始める民泊ホストに伝えたいことコラム

東京・渋谷のAirbnbスーパーホストが語る民泊運営の実情、これから始める民泊ホストに伝えたいこと

MINPAKU.Biz編集部は、東京都渋谷区幡ヶ谷にて全10室の「ポートハウス渋谷」を中心に、旅館業の許可を取得して民泊を運営している金澤唯(かなざわゆい)さんにお話を伺ってきました。金澤さんはAirbnbのゲストから高い評価を受け、Airbnbのスーパーホストに認定されています。今でこそ、運用ノウハウや知見を豊富にもつ金澤さんですが、開業から運営に至るまでさまざまな準備と工夫を凝らしたことが実を結び、ゲストから高く評価される民泊運用につながっています。

株式会社トリップシード代表取締役・未来ある村日本農泊連合理事 小柳 秀吉 氏インタビュー

「人と人がつながるから、サステナブルな民泊になる」株式会社トリップシード代表・小柳秀吉氏

あえて大手企業らが参入してこない家主居住型民泊の領域に特化し、民泊ホスト一人ひとりとの丁寧な信頼関係を築くことで、従来の民泊運用代行業よりも高収益な事業モデルを構築している株式会社トリップシード。今回MINPAKU.Biz 編集部では、代表の小柳氏に、同社の事業や民泊業界の動向について詳しくお話を伺いました。

インタビュー

FITを活用し宿泊施設の運営コストを削減、TRENDEが提案する太陽光電気を利用した『ほっとでんき』

電力の小売事業を展開する、東京電力グループのTRENDE(トレンディ)株式会社。運営における毎月のランニングコストを抑える方法の一つとして、同社のモデルが宿泊施設運営と高いシナジー効果を生み出すと考え、代表取締役の妹尾 賢俊氏および事業開発マネージャーの佐藤 雄二氏に、事業やサービス内容についてお話を伺った。

⇒インタビューの一覧を見る

コラム

コラム

ローンのある民泊の廃業、スムーズに売却する手順は?注意点も

新型コロナウイルス感染症の拡大により、観光客が激減し民泊を廃業する方が増えています。ローンが残っている民泊を廃業する場合、スムーズに売却するためにはどのような手順で行えば良いのでしょうか?この記事では、廃業の手続き方法とローンのある民泊物件の売却の流れ、注意点を解説していきます。

コラム

不動産ローンの滞納、個人再生と任意売却の違いやメリット・デメリットは?

不動産のローンを支払えなくなった場合、個人再生や任意売却といった方法がありますが、どちらを選べば良いのかお悩みの方も少なくないのではないでしょうか?この記事では、ローンを滞納した時の流れや個人再生と任意売却の違い、メリット・デメリット・注意点をお伝えしていきます。

コラム

民泊投資で利用できるローンは?5つの投資パターンごとに解説

民泊投資をおこなう上で、手元資金が足りないなどの理由でローンの利用を検討したい場合があります。民泊投資では、投資パターンが複数あり、パターンによって利用できるローンが異なるので注意が必要です。本記事では、民泊投資で利用できるローンについて、5つの投資パターンに分けてそれぞれのパターンごとに解説していきます。

コラム

民泊物件をレンタルスペース(時間貸し)に転用するには?転用の注意点も

新型コロナウイルスの影響によって、海外からの観光客を主な顧客とした民泊物件のオーナーの中には、物件を他の用途に転用を検討したり、実施したりする方も増えています。そこで本記事では、民泊物件をレンタルスペースに転用する時にはどのような手続きが必要なのか、またどういった設備が必要なのかその点についてお伝えしていきます。

⇒コラムの一覧を見る