TAG 民泊

ニュース

スペースマーケット、宿泊施設の時間貸し登録1,000件突破、ホテルテレワークキャンペーンも実施

スペースの貸し借りを支援するプラットフォーム「スペースマーケット」を運営する株式会社スペースマーケットは、宿泊施設におけるレンタルスペースの時間貸し登録件数が1,000件を突破したと発表した。それに伴い、テレワークに適したホテルスペースを紹介する「ホテルテレワーク キャンペーン」を3月16日より開始している。

コラム

民泊物件をテレワーク対応にする方法は?手順や注意点、法規制への対応も

旅行者をメインターゲットにした民泊経営は、コロナ禍による影響が大きい事業の一つです。そんな中、民泊物件をテレワーク対応にすることで、withコロナ期間の新たなニーズを取り込み、活路を見いだそうとする動きが広がっています。本記事では、民泊物件をテレワーク対応にする際の注意点や手順について解説します。

コラム

ローンのある民泊の廃業、スムーズに売却する手順は?注意点も

新型コロナウイルス感染症の拡大により、観光客が激減し民泊を廃業する方が増えています。ローンが残っている民泊を廃業する場合、スムーズに売却するためにはどのような手順で行えば良いのでしょうか?この記事では、廃業の手続き方法とローンのある民泊物件の売却の流れ、注意点を解説していきます。

コラム

民泊投資で利用できるローンは?5つの投資パターンごとに解説

民泊投資をおこなう上で、手元資金が足りないなどの理由でローンの利用を検討したい場合があります。民泊投資では、投資パターンが複数あり、パターンによって利用できるローンが異なるので注意が必要です。本記事では、民泊投資で利用できるローンについて、5つの投資パターンに分けてそれぞれのパターンごとに解説していきます。

コラム

民泊物件をレンタルスペース(時間貸し)に転用するには?転用の注意点も

新型コロナウイルスの影響によって、海外からの観光客を主な顧客とした民泊物件のオーナーの中には、物件を他の用途に転用を検討したり、実施したりする方も増えています。そこで本記事では、民泊物件をレンタルスペースに転用する時にはどのような手続きが必要なのか、またどういった設備が必要なのかその点についてお伝えしていきます。

コラム

副業で民泊投資を始めるメリット・デメリットは?リスクや注意点も

現在保有している物件がある方や、今後副業として不動産投資を検討している方の中には、民泊投資に興味がある方もいるでしょう。そこで本記事では、副業で民泊投資を始めるメリット・デメリット、およびリスクや注意点などを解説してきます。民泊投資を検討している方は参考にしてください。

コラム

民泊の廃業・継続を判断するポイントは?廃業する際の手順も

2020年2月に問題が顕在化した新型コロナウイルスの終息が不透明な状況で、民泊の廃業・継続をどのように判断すればよいか、悩んでいる投資家の方も多いのではないでしょうか。本記事では、民泊の廃業・継続を判断するポイントと、廃業する際の手順について解説していきます。

コラム

自宅で民泊をする手順・方法は?ホームステイ型民泊の運営について解説

自宅を民泊サービスとして提供する「ホームステイ型民泊」は旅行者と交流したい方、気軽に低リスクで民泊を始めたい方に適した運営方法です。ホームステイ型民泊を行う際には、住宅宿泊事業法(民泊新法)で届出を行い、受理された場合は自治体から標識が送付されます。この記事では、自宅で民泊を行う方法と手続きを解説していきます。

コラム

民泊運営とあわせて検討したい不動産投資手段は?5つの方法を解説

収益向上のため、または厳しいコロナ市況を乗り切るため、民泊運営をおこなっている投資家の方は、民泊運営とあわせて運営、運用できる投資手段を模索していることと思います。本記事では、民泊運営とあわせて検討できる投資手段、宿泊運営について、5つの方法を解説していきます。

コラム

別荘を民泊として期間貸しする手順は?旅館業法における民泊転用を解説

別荘をお持ちの方は、利用しない期間に民泊施設として貸し出すことで、宿泊料が収入として手に入り、物件を有効に活用できます。しかし、別荘の民泊転用では旅館業法の「簡易宿所営業」で許可を取る必要があります。許可を取るための要件や認められないケース、民泊転用のメリット・デメリットを解説していきます。

コラム

コロナ禍で民泊投資をやめる前に考えたい4つのこと、プロが解説

コロナ禍でインバウンド需要が激減し、民泊投資は厳しい状況にあります。既存の民泊事業者は、このまま続けるのか、それとも撤退するのか、瀬戸際の判断を迫られているといえるでしょう。そこで、本記事では、民泊投資をやめる前の対応策、判断材料として、4つのことを挙げて考えてみます。

コラム

GoToキャンペーン、民泊事業者への適用条件は?申し込み手順も

日本民泊協会とGoToトラベルキャンペーンに登録し、一定の条件を満たした民泊施設は旅行代金が35%割引で販売、旅行先で使える地域共通クーポンを配布する事ができます。そこで今回は民泊事業者の方向けに、GoToトラベルキャンペーンの適用条件や申し込みの手順を解説していきます。

寺コラム

古民家を民泊物件にリノベーションする費用や手順は?注意点も

民泊物件には「現地の住宅の雰囲気を味わえる」という魅力もありますが、古民家はさらに伝統的な日本家屋という趣が加わり観光客を中心に人気があります。今回は民泊物件を運営するにあたって必要な手続きや、古民家を民泊物件にリノベーションするための流れ・費用を見ていきましょう。

コラム

どれがおすすめ?マンション投資、アパート経営、民泊投資を比較

不動産投資には様々な手法、投資先となる物件の種類があり、「マンション投資の利回りは?」「アパート経営のリスクは大きい?」「民泊投資と賃貸経営はどちらが良い?」などのような疑問を持たれる方も少なくないのではないでしょうか?そこで本記事では、投資初心者の方向けに、それぞれの投資方法の利回り、リスクを分かりやすく比較します。

コラム

2020年、不動産クラウドファンディングの市況は?傾向をもとに解説

2020年5月現在、新型コロナウイルスは日本国内の各分野の産業に多大な影響を及ぼしています。不動産業界もまた、その影響を受けている業界の一つです。そこで、不動産関係の投資手法の一つである不動産投資型クラウドファンディングにおいて、これから先はどのように変化していくのか、実際のデータや傾向を参考にお伝えしていきます。

コラム

空き家を民泊運用するメリット・デメリットは?賃貸経営・売却と徹底比較

全国的に空き家の増加が問題となっています。空き家というと、実家などを相続したものの、管理が疎かになってしまっている家という印象があります。この記事では、実家の空き家活用方法として、民泊・賃貸・売却の3つの方法のメリット・デメリットについて、徹底比較します。

ニュース

クラウド型サイトコントローラー「ねっぱん!++」と POSシステム「スーパースターホテルシステム」が連携開始

クラウド型サイトコントローラー「ねっぱん!++」を運営する株式会社クリップスは1月28日、株式会社スターランドが提供するPOSシステム「スーパースターホテルシステム」と同日、連携開始したことを公表した。今回のシステム連携により、予約機能とレジ機能が一つになり、チェックイン・チェックアウト業務や、売上入力、予約受付業務などを1台のPOSで操作できるようになった。

コラム

災害時は避難所になる「シームレス民泊」に、地産地消の「マクロビ民泊」。徳島に学ぶ民泊と地方創生

早くから「民泊」の持つ可能性に注目し、地域の特色を活かして独自性の高い民泊のスタイルを提案し続けているのが徳島県だ。過去20年以上にわたり人口減少が続いている徳島は、地域活性に向けた観光政策や関係人口づくりの一環として、さまざまな民泊を展開している。

ニュース

オレンジ・アンド・パートナーズとAirbnbが連携、共同プロデュースによるハイブリッド型レジデンス提供へ

オレンジ・アンド・パートナーズとAirbnbは12月10日、ホテルの機能と民泊運用型賃貸マンションを兼ね備えた「ハイブリッド型レジデンス」とリゾート地等における「民泊運用型セカンドハウス」を共同プロデュースするパートナーシップを締結したと発表した。

airbnb