白馬樅の木ホテル、1日6組限定のグランピングディナー付き宿泊プランなど販売開始

株式会社白馬樅(もみ)の木ホテルは、5月21日よりグランピングとワーケーションを組み合わせた宿泊プランの販売を開始した。

白馬樅の木ホテルは、北アルプスの麓に位置する北米調のリゾートホテルだ。館内には、暖炉のある吹き抜けのラウンジや白馬八方温泉を引いた露天風呂「庄兵衡の湯」、グランピング施設、そしてキッチン付の和洋室など75部屋を備える。

また、テレワーク施設「Workation Hakuba」が昨年オープンしたばかりだ。高速Wi-Fiに加え、ディスプレイ、プリンタ、スキャナを備える。また、プロジェクターと音響設備があるため、グループ単位での利用にも対応している。

グランピング施設は、樅の木ビレッジ内に併設する。PC作業ができるツリーハウスをはじめ、グランピング料理レストラン「The Forest Glamping and Grill」や焚き火を囲む「Fire Pit Bar」、八方温泉を引いた足湯などがある。今年からは新たにキッチンカー「First Class Kitchen」がオープンした。すべての施設でWi-Fiと電源を完備しており、快適にノートパソコンでの作業が可能だ。

プランは、1日6組限定の本格グランピングディナー付宿泊プランや、ワーケーション長期滞在者向けに2泊以上からのお得な宿泊プランを用意している。

1日6組限定のグランピングディナー

屋外のレストラン「The Forest Glamping and Grill」では、信州産の素材を使ったBBQグリル料理やダッチオーブンを使ったメニューを提供し、雨天でも利用可能な大型タープを設置した「Fire Pit Bar」では信州産のワインやウィスキーなどを取り揃える。また、キッチンカーでは、白馬産シカ肉を使ったスパイスキーマカレーや、溶岩石を使った窯で焼き上げるオーガニックピザが楽しめる。いずれも、宿泊者以外も利用でき、日帰りでのワーケーションもおすすめだ。

北アルプスの広大な自然に囲まれる白馬で、澄んだ空気を味わいながら、ワーケーションを楽しんでみてはいかがだろうか。

【公式ページ】グランピング|白馬樅(もみ)の木ホテル

(Livhubニュース編集部)

The following two tabs change content below.

明田川蘭

大の旅好き&温泉好き。一人で海外へ、一人で車を走らせて日本の名湯へ。アフリカ大陸と北極南極以外に降り立ち、行った国は30を越え、巡った温泉地は100を超える。沖縄観光メディアの編集者やホテルメディアの立ち上げ経験あり。「旅は人の心を豊かにする」と本気で思い、記事を執筆している。

ABOUTこの記事をかいた人

大の旅好き&温泉好き。一人で海外へ、一人で車を走らせて日本の名湯へ。アフリカ大陸と北極南極以外に降り立ち、行った国は30を越え、巡った温泉地は100を超える。沖縄観光メディアの編集者やホテルメディアの立ち上げ経験あり。「旅は人の心を豊かにする」と本気で思い、記事を執筆している。