施設管理向け最新型スマート電子錠「L!NKEY Plus」新発売

L!NKEY Plus(リンキー プラス)

不動産向けIoTソリューションを提供する株式会社ユーエムイーは11月16日、施設管理向けに最新型スマート電子錠「L!NKEY Plus(リンキー プラス)」を発売する。

新発売のL!NKEY Plusは、2014年発売の「L!NKEY(リンキー )」に次ぐL!NKEYブランド2番目の電子錠で、現行のL!NKEYの機能をさまざまに改良したものだ。

現行のL!NKEYには、ドアのキーレス化によるカギ管理業務の削減、遠隔機能での複数施設ドアの一括管理、万が一に備えてシリンダーを残してネジで固定する特殊な工法といった特徴がある。

また、リアルタイム遠隔解錠や操作ログの管理、電子キーの発行、スケジュール機能、APIにより外部の予約管理や施設管理システムと連携し、管理業務を自動化することができ、賃貸物件、レンタルスペース、民泊、オフィス、ホテルなど、さまざまな業界で施設ドアのカギ管理に導入されている。

「L!NKEY Plus(リンキー プラス)」連携

今回発売するL!NKEY Plusでは、100IDまで暗証番号の登録が可能となり、施設の共用部でたくさんの利用者が出入りするドアや、簡易なオフィスの入室管理などに対応した。ほかにも、専用モバイルアプリと、NFC対応スマホの非接触解錠に対応。接続も従来のBluetooth 4.0接続に加え、Z-waveでの通信にも対応し、より安定した通信が可能となっている。

現代の働き方改革や非接触型サービスの需要に配慮しながら、業務のスマート化かつビジネスの拡大をサポートしてくれるカギ管理システムとして、「L!NKEY Plus(リンキー プラス)」の導入を検討してみてはいかがだろうか。

【公式サイト】L!NKEY Plus
【関連ページ】【スマートロック】L!NKEY(リンキー)

(MINPAKU.Bizニュース編集部)