AnyWhere、「人でつながる」ワークプレイスプラットフォーム「TeamPlace」サービスを開始

TeamPlace

株式会社AnyWhereは10月28日、「人でつながる」ワークプレイスプラットフォーム「TeamPlace(チームプレイス)」のサービスを開始したと発表した。

AnyWhereは「世界中の誰もが、どこでも豊かに働き生きられる社会へ」をビジョンに、ワークプレイスの魅力を引き出し、世界中の人々のつながりを提供するというミッションのもと立ち上げたスタートアップ企業だ。

そして、このたびリリースした「TeamPlace」は、ワークプレイスにまつわる空間や人とのつながりの可視化により、新しいコラボレーションを生むきっかけを提供するワークプレイスプラットフォームだ。自分の価値観やニーズに応じて働きたい場所やつながりたいユーザーを探せる「Search」、気になるワークプレイスやユーザーにつながることができる「Connect」、そのつながりがユーザーにとってTeamとなり、新しいコラボレーションが生まれるきっかけとなる「Collaboration」の3つの機能を持ち合わせており、今回は「Search」と「Connect」の一部機能をリリースする。

「TeamPlace」への掲載により、ワークプレイス運営者は運営への思いや関わる人を可視化できるほか、場所やつながりを探しているユーザーへのリーチが可能となり、新たなコラボレーションの可能性が広がる。なお、「TeamPlace」への登録・掲載は無料だ。

今後同社では、ユーザー同士の「Connect」や「Collaboration」などに関する機能をリリースするほか、国内外に点在する空間運営を支援する各種テクノロジーや運営効率化策など、ワークプレイスの魅力向上につながるコンテンツも随時紹介していくという。

新型コロナウイルスの影響により人々の働き方が多様化するなか、コワーキングスペースやリモートワークに最適な場所を求める人が増えている。同社のサービスを通し、ワークスペースの発見だけでなく、そこで出会う人とのつながりやコラボレーションから、新たなビジネスチャンスを生むきっかけになることを期待したい。

【サービスサイト】TeamPlace – 「人でつながる」ワークプレイスプラットフォーム
【コーポレートサイト】株式会社AnyWhere

(Livhubニュース編集部)

The following two tabs change content below.

Livhub 編集部

Livhub(リブハブ)は、旅する、暮らす、働く、遊ぶ、学ぶ、あらゆる境界線をなめらかにして、自分らしくサステナブルな生き方を楽しむウェブマガジンです。体験、民泊、ワーケーション、二拠点・多拠点居住、地方創生などのテーマを中心に、人も自然も豊かにするアイデアをご紹介します。

ABOUTこの記事をかいた人

Livhub(リブハブ)は、旅する、暮らす、働く、遊ぶ、学ぶ、あらゆる境界線をなめらかにして、自分らしくサステナブルな生き方を楽しむウェブマガジンです。体験、民泊、ワーケーション、二拠点・多拠点居住、地方創生などのテーマを中心に、人も自然も豊かにするアイデアをご紹介します。