Airbnbと長野県観光機構が新しい観光需要の創出に向けたパートナーシップを締結

Airbnb Japanと長野県観光機構は5月24日、ポストコロナを見据えて、同県内の関係人口と新しい観光需要の創出を推進するべく、パートナーシップを締結した。

コロナ禍においてリモートワーク、テレワークを実施する人が増えたことに伴い、ワーケーションや多拠点・二拠点生活なども取り上げられるようになった。そして、都市部に住み、週末や休みに旅行に出かける従来の住み方・暮らし方から、仕事・旅行・生活の境が曖昧なライフスタイルへと移行する人もみられるようになってきている。また、観光においても、日常から離れ、非日常を味わう旅から、訪れた土地の日常を住人と共有できる、暮らすような観光が求められつつある。

そうした傾向を踏まえ、Airbnbは日本国内でも特に魅力のある県の一つとしてAirbnbゲストの人気も高く、ホストコミュニティの活動が盛んな長野県とパートナーシップを締結した。今回のパートナーシップでは、両者が協業することで、新しい暮らし方・旅の仕方を伝え広め、「関係人口」創出の推進や、特に若年層を中心とした旅行者と現地コミュニティがつながり「暮らすように旅する」というAirbnbの特徴的な旅行スタイルを通じた、新たな観光需要の創出と早期回復を目指していく。

具体的には、「長野を暮らすように旅しよう」といったテーマでのAirbnb内特設ページの開設。共同でのオンラインイベントの実施。また、伊那谷や須坂市峰の原など特定のエリアでの空き家再生やホストコミュニティ作りも、その地域のペースに合わせて行う予定だ。

Airbnb Japan代表取締役の田邉泰之氏は記者発表において「何もしない贅沢」という言葉を数度発した。その土地に住む人には当たり前のように思える日常は、訪れる人からすれば魅力ある観光資源になる。このパートナーシップに伴う活動によって、これからの観光が、迎える人と訪れる人双方の日常を輝かせるきっかけになることを願う。

【特設ページ】長野を暮らすように旅しよう
【関連ページ】Airbnb(エアビーアンドビー)

(Livhubニュース編集部)

The following two tabs change content below.

Livhub 編集部

Livhub(リブハブ)は、旅する、暮らす、働く、遊ぶ、学ぶ、あらゆる境界線をなめらかにして、自分らしくサステナブルな生き方を楽しむウェブマガジンです。体験、民泊、ワーケーション、二拠点・多拠点居住、地方創生などのテーマを中心に、人も自然も豊かにするアイデアをご紹介します。

ABOUTこの記事をかいた人

Livhub(リブハブ)は、旅する、暮らす、働く、遊ぶ、学ぶ、あらゆる境界線をなめらかにして、自分らしくサステナブルな生き方を楽しむウェブマガジンです。体験、民泊、ワーケーション、二拠点・多拠点居住、地方創生などのテーマを中心に、人も自然も豊かにするアイデアをご紹介します。