美術館のセット券が広げる “わたしの世界”

昔から応援しているアーティストの新作アルバムがでるらしい。友達に子供が産まれるらしい。最近みんなこのNetflixのドキュメンタリー見てるな面白そう。

私たちは、気付かぬうちに自分が興味のある情報、関心のある情報だけに囲まれて生きています。SNSのレコメンドも広告も、全て閲覧履歴やイイネなどを元に、わたしたちがイイネと反応しそうなことを「これはどう?興味あるでしょう?知ってる知ってる。」と知った風な顔をして勧めてきます。

それはそれで心地がいいのだけれど、一方危険でもあるし、もったいないとも思うのです。

自分の中の当たり前が、他の人にも適応すると思い込んで、自分と違う考えを持つ人を許容しづらくなってしまったり。今は知らないし興味もないと思っているけれど、出会ってみたら本当はすごく面白いことなのに出会う機会を自分から奪ってしまっていたり。

「旅」は、そんな自分の中の当たり前や思い込みを外して、新たな扉を開いてくれる可能性をもった体験です。

そんな旅の価値に気づいている人も多いとは思うのですが、それはインドやアフリカなど、自分の日常から遠く離れたところまで行かないと得られない体験だと感じている人もいるのではないでしょうか。

今回は、身近なところで、旅のような体験ができるアイデアをご紹介します。

旅先は東京都江東区に位置する、「東京都現代美術館」

東京都現代美術館で展示が行われている時は、現状は基本的に同時に3つの企画展及び、1つのコレクション展が開催されています。

メインである企画展は3つあるので、その中から何か1つは面白そうだな、ないしは自分の興味に近そうだなと思う展示があるでしょう。

その展示を目指して現地に向かうとします。すると、観覧料の支払いを行うチケット/インフォメーションにて「セット券」の案内を受けます。3つの企画展から2つの展示とコレクション展を、セット割価格で見られるというお得な券です。そこで、そのセット券を選んでみてほしいのです。セットにする展示は、普段の自分であれば行かなそうなほうを選んでみてください。

すると手元には、自分の興味のある展示と、自分には興味のない、自分には関係のない少し遠い世界のように感じられるような展示を見ることのできるチケットがやって来ます。(両方興味のある展示であることもあるかとは思いますが)

まずは見たかった展示を見にいきましょう。ふむふむ納得。やっぱり良いなあ。そしてその後、少し重たい身体をぐーっと引っ張るようにして、もう一つの、見るはずではなかった展示の扉をたたいてみてください。

最初は、やはり興味がないなと思うかもしれません。しかし辛抱強く、もう少し自分を開いて歩みを進めていくと、ひとつふたつ、何かポンっと気になるものが現れます。なぜか気になる、ある種自分の世界にはいなかった異物のようなものが ”わたしの世界” に入ってきます。

美術館を後にして帰りの電車に乗りながら、きっと思い出すのは、見るはずでなかった、自分の世界に入ってくるはずではなかった、”ついで” に入った展示の中にあった何か。そして、セット券での体験を通して ”わたしの世界” が広がったことに気づくはずです。

こんな風に遠くに行かずとも、旅のような体験をすることはできます。Livhubでは、こうした旅のような体験を、引き続き提案していければと考えています。

東京都現代美術館、ぜひ足を運んでみてくださいね。

【参照サイト】東京都現代美術館 公式サイト
【関連ページ】花屋、作詞家、スパイスセラピスト。「仕事旅行」に旅立とう
#未知との出会い
#いつもの外に

The following two tabs change content below.

飯塚彩子

“いつも”の場所にずっといると”いつも”の大切さを時に忘れてしまう。25年間住み慣れた東京を離れ、シンガポール、インドネシア、中国に住み訪れたことで、住・旅・働・学・遊などで自分の居場所をずらすことの力を知ったLivhub編集部メンバー。企画・編集・執筆などを担当。