藤田観光、30泊定額で利用できるサブスクリプションサービス「WHGホテルズパスポート」を発売

藤田観光株式会社は4月13日、コロナ禍におけるテレワークやワーケーション、ステイケーションなどの新たなニーズに対応するため、同社が展開する全国21施設を対象に好きなホテルを30泊利用できるサブスクリプションサービス「WHGホテルズパスポート」の販売を開始した。

同社は主事業となる「ワシントンホテル」の運営のほか、「ホテル椿山荘東京」をはじめとする婚礼・宴会施設、「箱根小涌園ユネッサン」などのリゾート事業を手掛ける企業だ。

このたび販売開始となるサブスクリプションサービス「WHGホテルズパスポート」は、ビジネスユースに応える「ワシントンホテル」、観光のニーズに応える「ホテルグレイスリー」、ミレニアル世代をターゲットにした「ホテルタビノス」の3ブランド・21施設が対象となる。

同じホテルでの連泊はもちろん、異なるホテルを利用することもできるため、平日は首都圏のホテルでテレワーク、週末は京都で観光といった利用も可能だ。また、地方のホテルを拠点に、観光と仕事を兼ねたワーケーションが実現できるのも全国展開をしている同社ならではの強みといえる。

対象期間は2021年5月6日~7月10日の66日間で、販売期間は4月20日(火)まで。先着100名に販売する。部屋タイプはシングルルームで、価格は月額12万円(別途1泊1,000円の利用料が必要)。

【ウェブサイト】WHGホテルズパスポート
【ウェブサイト】藤田観光株式会社

(Livhubニュース編集部)

The following two tabs change content below.

松岡 のぞみ

大手住宅情報サイトや求人サイトの制作経験後、ホテルメディアの運営からインタビュー、記事執筆、編集までを行う。趣味はスノーボードと旅行・温泉。暇さえあれば一人愛車で各地に走り、現地の人との交流やグルメを楽しむ。モットーは「旅は心の洗濯」。

ABOUTこの記事をかいた人

大手住宅情報サイトや求人サイトの制作経験後、ホテルメディアの運営からインタビュー、記事執筆、編集までを行う。趣味はスノーボードと旅行・温泉。暇さえあれば一人愛車で各地に走り、現地の人との交流やグルメを楽しむ。モットーは「旅は心の洗濯」。