HafH(ハフ)のウェブサイトがリニューアル、新プラン提供開始などサービス内容を大幅アップデート

HafH(ハフ)

株式会社KabuK Style(カブクスタイル)は10月29日、同社が提供している定額制コリビングサービス「HafH(ハフ)」のサービスアップデートとウェブサイトのリニューアルを発表した。

HafHとは、光熱費や備品、インターネット費用などを含め、毎月定額で全世界に住むことができるプラットフォームを目指すサブスクリプション型コリビングサービスだ。2019年4月のローンチより徐々にサービスを拡大し、2020年11月時点で世界25の国と地域・247都市・400拠点で利用できる。提携拠点もプリンスホテル、マリオットグループ、ハイアットハウス金沢など大手ホテルグループが追加され、多彩な施設から滞在先を選べるのが魅力だ。

このたびのアップデートでは、これまで期間限定プランとして提供していた最大2泊で利用可能の「おためしHafH」が、2021年1月より最大1泊で利用可能な新プランとしてレギュラー化する。また、カスタマーサポートの「HafHサポート」を「HafHコンシェルジュ」にアップデートし、国内線・国際線航空券手配サービスを追加するほか、多岐にわたる会員サポートを行う。さらに東京海上日動との提携により、2021年1月1日よりHafHプランに東京海上日動の個人賠償責任保険が追加の負担なく、自動で付帯される。これにより、HafHを利用して滞在する日と翌日に遭遇した事故などに関わる損害賠償責任を負った場合に補償サポートを受けられる。

そのほか機能面では、サイトリニューアルにより地図検索機能が追加され、施設予約ページで簡単に施設検索ができるようになった。今後、新たにマイページでもHafHのサービスに利用できる「HafH Coin」を獲得できる機能を追加予定だ。

HafHでは今後も、さまざまな形態での快適なワーケーション環境の整備を行い、あらゆるニーズに対応するサービスとして展開していく姿勢だ。

【サービスサイト】HafH

(Livhubニュース編集部)

The following two tabs change content below.

Livhub 編集部

Livhub(リブハブ)は、旅する、暮らす、働く、遊ぶ、学ぶ、あらゆる境界線をなめらかにして、自分らしくサステナブルな生き方を楽しむウェブマガジンです。体験、民泊、ワーケーション、二拠点・多拠点居住、地方創生などのテーマを中心に、人も自然も豊かにするアイデアをご紹介します。

ABOUTこの記事をかいた人

Livhub(リブハブ)は、旅する、暮らす、働く、遊ぶ、学ぶ、あらゆる境界線をなめらかにして、自分らしくサステナブルな生き方を楽しむウェブマガジンです。体験、民泊、ワーケーション、二拠点・多拠点居住、地方創生などのテーマを中心に、人も自然も豊かにするアイデアをご紹介します。