大阪でワーケーションにおすすめの宿8選+エリアの見どころ

関西を代表する大都市・大阪。「天下の台所」と呼ばれ、たこ焼きやお好み焼きなどの大阪名物もたくさんあるほか、道頓堀や大阪城、有名テーマパークなど観光スポットも多数点在する。

大阪府の面積は1,905平方km。全国で2番目(※1)に小さい面積でありながら、商業の中心であり、お笑いの街であり、国内外で多くの観光客を惹きつけている。

今回は、そんな魅力がたくさん詰まった大阪で、ワーケーションにおすすめの宿を8つ紹介する。大阪府のエリア情報、大阪府のワーケーションに関するサイトや、大阪市の見どころ、ローカルメディアの情報もお届けするので、ぜひ参考にしてみて。

大阪府のエリア紹介

大阪府は、大きく5つのエリアに分かれる。伊丹空港をはじめファミリー向けの遊園地などがある「大阪北部エリア」、寺社仏閣や古室山古墳、温泉など見どころ満載の「東部大阪エリア」、梅田駅を筆頭に大阪府屈指の繁華街で形成される「大阪市エリア」、非常に歴史の古い史跡や神社仏閣があり大阪で唯一の村がある「南河内エリア」、そして関西国際空港があり世界遺産に登録された仁徳天皇陵古墳や史跡などがある「泉州エリア」だ。

大阪市内の見どころ

大阪の中心地「大阪市」はさらに5つのエリアに分かれる。それぞれの観光スポットや見どころを紹介する。

キタ(梅田)エリア

大阪駅や梅田駅を中心とした大阪一番の繁華街とも言える、キタエリア。2013年にオープンした「グランフロント大阪」や「阪急うめだ本店」など、駅周辺には商業ビルやデパートがずらり。常にファッションやアートなどの最新トレンドを発信している。

ミナミ(なんば)エリア

「道頓堀」の名で有名なミナミエリア。難波を中心に、飲食店や娯楽施設がひしめきあい、歌舞伎や漫才などの劇場があったりと、大阪ならではの雰囲気をあじわえる。若者文化の中心地である心斎橋には、人気観光スポット「アメリカ村」もある。

ベイエリア

かつて港町として栄えたベイエリアには、水族館や観覧車、ショッピングモールなどさまざまな施設が並んでいる。「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」があるのもこのエリア。繁華街とはまた違って、海の景色や潮風を感じながら1日中遊べるスポットが満載だ。

大阪城エリア

国の登録文化財にも指定されている「大阪城」。このエリアは、新旧が混ざり合う独特な雰囲気を醸し出している。荘厳なお城を囲む「大阪城公園」をはじめ、昔ながらの繁華街が残る京橋エリアで歴史を感じつつ、「大阪ビジネスパーク」や「三井アウトレットパーク大阪鶴見」などでショッピングを楽しむこともできる。

天王寺・阿倍野・新世界エリア

大阪市の南部にある、天王寺・阿倍野・新世界。このエリアのランドマークは、「あべのハルカス」。地上300m、日本一の高さを誇る超高層複合ビルで、最上階から眺める景色はまさに圧巻。一方で、ド派手な看板など大阪の昔ながらの風景が色濃く残るエリアでもある。通天閣や天王寺動物園など、人気観光スポットも多く点在する。

大阪府ワーケーションWebサイト

大阪府には、県独自のワーケーション専門Webサイトはないが、特定地域に特化したサイトはある。

さまざまな起業家を輩出している池田市が発信する、起業家精神を刺激するプログラムを多数用意している「大阪池田市の都市型ワーケーション」や、大阪府の最南端に位置する阪南市では、オーシャンビューの環境の中約300平米もの広さを誇る「豪華貸別荘でのワーケーション」を提案している。企業研修やビジネス合宿、執筆活動などさまざまなワーケーションに活用できる。

また、「大阪府の観光情報サイト」には、現在開催中のイベントやおすすめスポット、体験などが多数掲載されているので、ワーケーションでの滞在スケジュールの参考にもできそう。

ワーケーションにおすすめな厳選8宿

大阪市を中心に、おしゃれな宿泊施設やゲストハウス、温泉旅館などを8つ紹介する。

1. Hotel Noum OSAKA

 

この投稿をInstagramで見る

 

Hotel Noum(@hotelnoum)がシェアした投稿

「ここは 野原に横たわる心地よさを 都市にいながら感じられる場所」とナチュラルな雰囲気をコンセプトに掲げるのはHotel Noum。温かみのある素材や色にこだわりながら、客室にはそれぞれに合ったアートと植物が飾られ、居心地の良い空間を演出している。部屋タイプは、シングル・ツイン・ダブル・キング・4人プライベートなど、滞在スタイルに合わせて選べる。

光がたっぷり注ぐカフェラウンジでは、7種類から選べる朝⾷をはじめ、お昼はプレートランチやサンドイッチ、そして夜はワインや軽⾷などがいただけるバーになる。朝から、人気のエッグベネディクト、フルーツやキヌアがのったグラノーラ、しっかりお腹に溜まるフルブレックファーストなど、おしゃれで贅沢な朝食がいただけるとあって、それを目当てに来るお客様もいるのだとか。

場所は、大阪市営谷町線の天満橋駅から徒歩約6分。都会にありながら、そのおしゃれな玄関の中へ入ると、ゆったりとした空気感に心が落ち着く。Wi-Fiは、客室にもラウンジにも通っているためワーケーション利用にも申し分ない。できることなら2泊以上滞在して、バリエーション豊かな朝食とナチュラルな雰囲気を堪能したい。

住所大阪府大阪市北区天満4-1-18
電話番号06-6940-0882
HPhttps://www.no-um.jp/
評判・口コミじゃらん楽天トラベル

2. hotel it. osaka shinmachi

 

この投稿をInstagramで見る

 

hotel it.(@hotelit.osaka)がシェアした投稿

「時代を紡ぐホテル」と掲げるのは、hotel it.。“土地の歴史や文化を一つずつ丁寧に紐とき、洗練されたクリエイティブでその街の魅力を未来へと繋ぐ” そんな思いから誕生した。中に入ってまず驚くのは、広大なスペースを活用したリビングルーム。ナチュラル仕上げのワーキングデスクとふかふかのソファがセンスよく配置され、ワーケーションで仕事をするのはもちろん、イベントスペースとしての利用も可能だ。まるで海外のコワーキングスペースにいるかのような錯覚を覚え、その空間でPC作業をしている自分にうっとり。仕事が捗るかも…!

宿泊スペースは、ダブル、ツイン、スーペリアツイン、6名まで泊まれるコネクティングルーム、そしてユニバーサルルームを完備している。部屋は生成りのホワイトを基調にしたインテリアと木の温もりがやさしい家具を配置し、ホテルのオリジナルファブリックのタータンチェックをポイントにあしらっている。これがまた北欧のイメージでおしゃれ。

仕事がひと段落ついたら、約17種類もの本格石釜ピザをいただけるレストランバーへ。耳まであつあつのピザと美味しいお酒とのペアリングに酔いしれて。朝食は日曜のみの提供となるが、フレンチトーストやパニーニなど、これまたおしゃれな3種類のメニューから選べる。

住所大阪府大阪市西区新町4-6-20
電話番号06-6539-1110
HPhttps://hotelit.jp/
評判・口コミじゃらん楽天トラベル

3. シティプラザ大阪 HOTEL&SPA

リゾートのような開放感に満ちたシティホテル。梅田駅からも電車で約10分と程近く、どこに行くにも便利な立地。一人旅にうれしいシングルルームは3種類あり、マッサージチェアを備えた客室もある。ツインもコンパクトタイプから、家族で過ごせる広めのツイン、客室最上階にあるエグゼクティブタイプまで多彩なラインナップ。ラグジュアリーな滞在をのぞむなら、スイートルームも完備されているのでぜひ。

館内には、最上階に天然温泉が湧く大浴場を完備。夜空を眺められる露天風呂では五感をリラックスさせ、源泉かけ流しのかめ湯やサウナで身体をととのえて。風呂上がりはマッサージチェアやエステサロンもあるので、とことん身体をほぐしたい人はぜひ利用してみてはどうだろう。仕事後の温泉やサウナだけでもうれしいのに、さらに同フロアにある食事処で、こだわりのお酒と一品料理を堪能できるなんて、ああ至福。

翌朝は、緑あふれる庭園に囲まれたダイニングで、約40種類のメニューが揃うバイキングを堪能しよう。立地もよく、充実した施設はさすがホテルならでは。至れり尽くせりのワーケーションをしたい人におすすめのホテルだ。ちなみに、全室Wi-FiとLANを完備しているため、客室での仕事も問題なく行える。

住所大阪市中央区本町橋 2-31
電話番号06-6947-7702
HPhttps://hpdsp.jp/cityplaza_stay/
評判・口コミじゃらん楽天トラベル

4. 伏尾温泉 不死王閣

大阪市内から車で約30分。不死王閣がある池田市は、前段で紹介したようにワーケーションの取り組みを行っている宿だ。Wi-Fi環境はもちろん、大小6会場12タイプの会議室があり、プロジェクト推進チームや研修など目的に合わせた滞在にもおすすめ。机や椅子はもちろんのこと、マッサージチェアのある部屋もあり、快適なワーケーション環境がととのっている。

市内からのアクセスが良い立地ながら、正面には百万両の夜景で知られる「五月山」、眼下には川が流れ、宿のまわりは四季折々の大自然が広がる。そして、宿からは贅沢にも自家源泉の天然ラジウム温泉がこんこんと湧く。広々とした露天風呂では、春は桜、夏は新緑、秋は紅葉、冬は満天の星空と自然に包まれた環境で、湯あみを存分にあじわえる。

客室は、4タイプの趣の異なる露天風呂付客室全20室と、標準和室、低層のベッドが配された和洋室ツインなど滞在目的に合わせて選択可能だ。夏期限定でオープンするガーデンプールも必見。BBQスペースもあるため、家族やグループ単位でのワーケーションも思いっきり楽しめる。

夕食は、海の幸や山の幸をたっぷり盛り込んだ会席料理をプランによって選択可能。自然豊かな里山が広がるエリアだからこそいただける、ジビエ料理も冬の期間登場する。他にも、季節限定でさまざまな会席料理を提供している。大阪の奥座敷と呼ぶにふさわしい温泉旅館で、企業やグループ、家族でワーケーションしたいニーズにもしっかり応えてくれる宿だ。

住所大阪府池田市伏尾町128-1
電話番号072-751-3540
HPhttps://www.fushioukaku.co.jp/
評判・口コミじゃらん楽天トラベル

5. ホテル・ロッジ舞洲

大阪の都心部にもほど近いエリアにある、ホテル・ロッジ舞洲。日本有数の夕陽に酔いしれたり、森の焚き火リビングでくつろいだり、はたまた開放感ある敷地で美味しいBBQ料理に舌鼓したりと、泊まる以上の感動をあじわえる環境がここには待っている。また、舞洲エリア内には、モータースポーツやフィッシング体験など10コンテンツのアクティビティーが用意されており、リゾートを思いっきり楽しめる施設だ。

宿泊施設は、個性豊かな3タイプ。ゆとりあるくつろぎの「本館」、自然との調和を体感できる「別館ネスト」、そしてプライベートな時間が過ごせる「一棟貸しのログハウス」だ。一人旅でも家族とでも、グループでもワーケーションのスタイルや好みによって選ぶことができる。

そして、こちらの施設の魅力は何といっても、開放感あふれるロケーションが広がる全500席の屋根付きBBQサイト。豊かな森に包まれた環境で、豪快な肉や魚介類をいただける。手ぶらプランや火おこしサービスがあるため、ビギナーでも気軽に楽しめるのもうれしい。また、美しい夕陽や波の音に癒されながらあじわえる、レストランでのディナーもおすすめだ。

Wi-Fi環境はもちろん、100名以上を収容できるホールや少人数のセミナーに便利な会議室、宴会に使える和室もあるため、企業や部単位でのワーケーションや研修にも便利。ユニバーサルシティや海遊館のあるベイエリアへの観光や、梅田や心斎橋、難波へもアクセスがよく、都心に近くも気軽に自然を感じられる滞在が可能だ。

住所大阪市此花区北港緑地2-3-75
電話番号06-6460-6688
HPhttps://www.lodge-maishima.com/
評判・口コミじゃらん楽天トラベル

6. ゲストハウス木雲

「ただいま」とついつい言いたくなるこちらの宿は、昔からある長屋をリフォームして作られたゲストハウス。近くには、昭和3年創業のお風呂屋さん「昭和湯」があり、木雲に泊まると入浴料無料。それもそのはずで、木雲は銭湯の息子が経営しており、銭湯入り放題のゲストハウスなのだ。打たせ湯やラドン湯、電気風呂などがある昔ながらの銭湯で、しっとり湯肌の軟水を使用した7種のお風呂とサウナが体をととのえてくれる。ゆず湯、レモン風呂などの季節湯をはじめ、イベント風呂も随時開催している。

木雲には、コワーキングスペースを併設。3時間まで1,000円の「ショートステイプラン」を用意しており、作業机にコンセント、フリーWi-Fiはもちろん、ゲストハウスのキッチンも利用できる。さらには、銭湯にも入れるからとてもお得! 他にも、ものづくりが好きな人のために、「DIYプラン」「ものづくりコワーキングスペース利用プラン」も用意されている。宿泊プランは素泊まりとなるが、食事は近くの商店街にある食事処でいただこう。

部屋は、ドミトリー4床と個室が3室。ドミトリーは、杉材を使って手作りしたゆったりとしたカプセルタイプと、秘密基地の様なちょっとウキウキする二段ベットタイプ。個室は、桧材を使って手作りした2段ベッドを配した最大4名利用の1部屋と、伝統的な雰囲気をあじわえる和室を最大3名と最大2名で利用できる2部屋だ。

共用スペースでもあり地域の飲食店でもある「コミュニティキッチンmogumogu」では、淡路のクラフトビールや日本酒、ちょっと変わった銭湯のオリジナルドリンクなどをあじわえる。仕事の後に、店主や地域の人との語らいも、ゲストハウスならではの楽しみ。阪急淡路駅から徒歩約3分の場所にあり、新大阪や梅田にも電車で約5分と立地的にも申し分ない。

住所大阪市東淀川区淡路4-33-4
電話番号06-6476-9192
HPhttps://mokumoku-mogumogu.com/
評判・口コミじゃらん楽天トラベル

7. ホテルモーニングボックス

「ご自宅のようなくつろぎで素敵な朝を迎えるホテル」がコンセプトの、その名もホテルモーニングボックス。老舗のカプセルホテルをリノベーションし、2019年9月に開業。 長堀橋駅から徒歩約1分、心斎橋駅から徒歩約6分とアクセスの良い立地にあり、ビジネスや観光でくる人たちにくつろぎ空間を提供している。

共有スペースとして、ゆっくりくつろげるソファラウンジや、冷蔵庫やIH調理器、電子レンジを完備したキッチンスペース、パソコンがゆっくりできるセミナールーム、足を伸ばせるタタミルームなどがある。最上階には大浴場があり、女性用にはメイクブース、男性用にはサウナ、冷水風呂も設けている。ランドリースペースもあるため、長期滞在をしたい人にもおすすめ。

部屋は、過ごし方に合わせて選べる3つのタイプを用意。ベッドと机・椅子、TVのみを配置したオートロックのコンパクトな部屋、とにかくリーズナブルに泊まりたい人のためのドミトリータイプ、部屋でゆっくりくつろぎたい人のために、シャワートイレ洗面台付きのデザイナーズルームだ。

そしてこちらのホテルでは、ニューヨーカーのお出かけ着を参考にデザインしたという、オリジナルの部屋着がある。部屋着のままラウンジ利用も可能だ。また、シャンプー・トリートメントはもちろん、クレンジングやオールインワンジェルも用意さており、わざわざパジャマやスキンケアセットを持っていかなくてもいい点も魅力。

近代的なホテルでもない、ホステルでもない、モダンでおしゃれな空間で、自宅のようにくつろいで過ごす。そんなワーケーションスタイルはいかがだろう。

住所大阪府大阪市中央区東心斎橋1-10-3
電話番号06-6243-0777
HPhttps://hotelmorningbox.com/
評判・口コミじゃらん楽天トラベル

8. SEKAINOMA HOTEL

 

この投稿をInstagramで見る

 

SAKAINOMA(@sakainoma)がシェアした投稿

世界遺産となった古墳群のある歴史ある街、堺。まだ多く残る町屋や古民家があり、SEKAINOMAは古きを残しつつ現代に昇華させた宿を3つ展開している。

1つ目は、「SAKAINOMA HOTEL 熊」。築70年の日本家屋をリノベーションした1日2組限定の町屋宿だ。中庭を設け縁側のある平屋の日本家屋で、母屋棟と離れ棟に分かれる。部屋は落ち着きのある6帖の和室で、定員は1〜2名。エントランスにカフェを併設しており、朝食はこちらで。地元の人も利用できる空間だ。

2つ目は、「SAKAINOMA HOTEL 錦」。日常の中にある上質を体感できるデザイナーズ町家だ。無機質なコンクリートを基調としながら、和の要素を取り入れたモダンな宿。路面電車がすぐ近くを走る立地ながら、その喧騒を感じさせない静寂な空間は、あえて奥まった形で建てられているから。60平米の広さで、定員は1〜4名の一棟貸しだ。

3つ目は、「SAKAINOMA HOTEL 濵」。1日1組限定の昭和初期に建てられた大阪鋳物商の遊び心ある別邸だ。今では珍しい書院や障子、襖、縁側など、古き日本家屋の趣がそのまま残っている。700平米を超える敷地には、広々とした庭や広間、鋳物風呂があり、当時大阪・堀江で鋳物商を営んでいた裕福な商人の暮らしを体験できる。部屋は163 平米で、6名まで宿泊できる一棟貸しだ。

各部屋ともにWi-Fiを完備。グループや家族、一人旅など滞在の仕方に合わせて好みのホテルでワーケーションを満喫してみて。「sakainoma cafe 熊」では、6人程度まで個室利用も可能だ。

住所・「SAKAINOMA HOTEL 熊」
大阪府堺市堺区熊野町西1-1-23
・「SAKAINOMA HOTEL 錦」
大阪府堺市堺区錦之町東1-1-5
・「SAKAINOMA HOTEL 濵」
大阪府堺市西区浜寺元町6-874
電話番号090-2119-2712
HPhttps://sakainoma.jp/
評判・口コミ(SAKAINOMA HOTEL 濵)じゃらん

大阪府のローカルメディア

大阪府にいざワーケーションへ行こうと思っても、自由な時間には何をすればよいのだろう?と思っている方は、ぜひ地元で展開しているローカルメディアを参考にしてみて。人気の観光スポットや有名なお店へ行くのもいいが、せっかく来たならローカルな所へも足を運んでみては。地元目線での情報をたくさん入手できる、2つのローカルメディアを紹介する。

paper C

大阪府内で注目されるアートやカルチャー情報をジャンルにとらわれず収集し発信しているのが、「paper C」。生きるための、かけがえのないものの1つとして「芸術文化」をとらえ、それは何かと疑問を出し、さまざまに問い直していく。その実践の場=Webメディアとして、旬のテーマや言葉を起点とした特集記事なども掲載している。

<公式サイト>paper C

ぼちぼち

この街で暮らす、働く、遊ぶ人のための話題とコミュニティを提案する大阪ローカルメディア「ぼちぼち」。スポーツやお出かけスポット、グルメ、イベント、ライフハックなど幅広いジャンルで、地元目線の情報を発見できるサイトだ。

<公式サイト>ぼちぼち

滞在スタイルに合わせて、ワーケーションの宿を選ぼう

筆者もよく大阪には足を運んだ。大阪は東京とは違って、エリアごとに個性がはっきりと分かれていて、それぞれに魅力があるなと感じる。これぞ大阪!と感じるエリアもあれば、古き町並みが残るエリア、そして近代的な高層ビル群に圧倒されるエリアもある。

さまざまな顔をもつ大阪で、人との交流が楽しめるゲストハウスも魅力的だし、ホテルに併設のおしゃれなラウンジでPC作業をするのもまた素敵。家族でのワーケーションなら、ぜひ自然を感じられる環境でゆったりのんびりしたい……など、行く人や目的に合わせて宿を選んでみて。

自治体が展開しているワーケーションのサイトや、ローカルメディアなども参考にしながら、自分好みのワーケーションを楽しもう!

(※1)大阪の概要(統計)|大阪府

The following two tabs change content below.

明田川蘭

大の旅好き&温泉好き。一人で海外へ、一人で車を走らせて日本の名湯へ。アフリカ大陸と北極南極以外に降り立ち、行った国は30を越え、巡った温泉地は100を超える。沖縄観光メディアの編集者やホテルメディアの立ち上げ経験あり。「旅は人の心を豊かにする」と本気で思い、記事を執筆している。