BEENOS、メトロエンジンと連携し長期滞在専門ホテル予約サイト「Monthly Hotel(マンスリーホテル)」をリリース

Eコマース事業やインキュベーション事業を展開するBEENOS株式会社は11月1日、レベニューマネジメントツール「メトロエンジン」を提供するメトロエンジン株式会社とともに、ホテルや旅館などの宿泊施設への長期滞在者向け予約サイト「Monthly Hotel(マンスリーホテル)」をリリースし予約提供を開始したと発表した。なお、本サービスはBEENOSの子会社であるBeeCruise株式会社が運営する。

「Monthly Hotel」は、2週間以上半年以内ホテルでの長期滞在がリーズナブルになる予約プランを紹介するプラットフォームだ。サイト上では最大半年間までの予約ができ、全国約129の宿泊施設の掲載が予定され、1か月67,500円からの料金でホテル滞在が可能となる。また、「Go Toトラベル」や「もっと楽しもう!TokyoTokyo」キャンペーンの対象サイトであることから、本制度利用時には実質最大35%の割引(宿泊数制限に準じて実施)に加え、1日当たり5,000円の割引補助が5日分まで適用され、よりリーズナブルな宿泊が可能になる。

新型コロナウイルス感染拡大の影響により、宿泊需要が大幅に減少したことを受け、両社は事業ネットワークやノウハウを活かし共同事業として「Monthly Hotel(マンスリーホテル)」の設立に至ったという。

本サービスを通し、長期旅行や出張、リモートワークやワーケーション、さらには住まいとしての利用など、宿泊施設の新たな価値を提供することで可能性を引き出し、新たな生活様式の提案に加え、宿泊施設の安定稼働をサポートできる事業展開を目指す。また、今後も自治体との取り組みの推進や、海外旅行客にも利用しやすいサービスを目指し、言語の追加や海外で主流の決済方法なども順次取り入れていく考えだ。

旅行やビジネス利用だけでなく、リモートワークや住まいとしての活用方法など、新型コロナウイルスにより宿泊施設の新たな価値が注目を集めている今、本サービスを通じて、宿泊施設への長期滞在が身近になることで、これらの新しい生活様式も選択しやすい環境が作られていくことを期待したい。

【サービスサイト】Monthly Hotel
【コーポレートサイト】BEENOS
【コーポレートサイト】メトロエンジン

(MINPAKU.Bizニュース編集部)