宮古島シギラリゾート内「ホテル ロベルトソンハーバー」リゾートワーケーションの新たな拠点に

ホテルブリーズベイマリーナのプールサイドでワーケーション

株式会社南西楽園リゾートは、沖縄県宮古島にて運営する「シギラセブンマイルズリゾート」内にある「ホテルブリーズベイマリーナ アネックスコンドミニアム」を、ワーケーションに対応する長期滞在型ホテルとして、4月1日より「ホテル ロベルトソンハーバー」に名称変更して運用する。

ホテル ロベルトソンハーバー

「シギラセブンマイルズリゾート」は、沖縄・宮古島の南岸沿いの約100万坪という広大な敷地に、カジュアルからラグジュアリーまで対応する8つのホテルのほか、レストラン、ビーチ、ゴルフ場、温泉など20店舗以上の多彩なアクティビティ、体験ができる施設を備えるリゾート施設だ。宮古空港より車で約20分と繁華街から離れた閑静なエリアで、プライベートリゾート感を堪能できることから、国内外から多くの観光客が訪れている。

外観

リモートワークが広がり、ワーケーションのニーズもみられるなど、旅のスタイルが多様化している昨今の状況を受け同社は、シギラリゾート内にある宮古島最大級の大型ホテル「ホテルブリーズベイマリーナ」の長期滞在向けの施設「アネックスコンドミニアム」を、「ホテル ロベルトソンハーバー」へ名称変更し、快適なリゾートワーケーションを推進していく構えだ。

ホテルブリーズベイマリーナのプール

「博愛漁港」の前に建ち、海と空が一望できる絶景のロケーションの『ホテル ロベルトソンハーバー』の名称は、約150年前、宮古沖合で座礁したドイツ帝国(現ドイツ連邦共和国)の商船「R.J.ロベルトソン号」の乗組員8人を島民が救助した史実に由来して名付けられた。

全80室の客室は、33㎡のツインルームを中心に、ファミリールーム、デラックスルームまで、ゲストのニーズに合わせた幅広い空間を用意している。全室オーシャンビューで、エメラルドブルーに輝く海の眺めを堪能しながらワーケーション滞在ができるのが魅力だ。愛犬と一緒に滞在できる「ドッグルーム」も3室用意しており、心置きなく大切な家族と過ごすことができる。全客室にはキッチン、冷蔵庫、洗濯機を完備するほか、ワーケーションに必要なアイテムの無料レンタルサービスも行っている。

ツインルーム - 客室は全室オーシャンビュー

ツインルーム – 客室は全室オーシャンビュー

ファミリールーム

ファミリールーム

全3室のドッグルーム

全3室のドッグルーム

全客室キッチン、冷蔵庫、洗濯機を完備

全客室キッチン、冷蔵庫、洗濯機を完備

たとえば、ホテル敷地内のダイニングやラウンジバー、プールサイドをワークプレイスにし、仕事を終えたあとには、マリンレジャーやゴルフ、温泉などのアクティビティでリフレッシュすることもできる。都会の喧騒を離れ、オーシャンビューの絶景を堪能しながら、リゾートでワーケーションも楽しみたい人にはまさに楽園ともいえる過ごし方ができそうだ。

海沿いでリフレッシュ
ゴルフ

【ウェブサイト】ホテル ロベルトソンハーバー
【ウェブサイト】シギラセブンマイルズリゾート
【予約サイト】ホテルロベルトソンハーバー – 宿泊予約は【じゃらんnet】
【予約サイト】ホテルロベルトソンハーバー<宮古島> 宿泊予約【楽天トラベル】

(Livhubニュース編集部)