宿の予約で環境を再生。サステナブルな民泊プラットフォーム「sustayn」

image via sustayn

新型コロナウイルスの影響で、海外への旅行が難しい状況が続いている。旅行好きな人は、この状況にうんざりしている人もいるかもしれない。ところで、これまでの自分の旅行が、地球環境にどのような影響を与えているかを考えてみたことはあるだろうか。

私たちの日々の消費行動は、ほとんどが環境に何かしらの負荷をかけるものだ。残念ながら、旅行も例外ではない。例えば、飛行機や車による長距離の移動は多くのCO2を排出する。世界中の温室効果ガス排出量の約10分の1は観光により発生していると言われるほど、この問題は深刻だ。また、地元に住む人の暮らしを尊重せずに開発された観光地では、自然環境の破壊や生物多様性の損失が起こっている。

この問題に対して、旅行先の地域文化と環境の保全を第一に考えた「持続可能な観光」を意味するサステナブルツーリズムへの関心が若い世代を中心にここ数年で高まっている。宿泊予約サイトのブッキング・ドットコム・ジャパン社が2018年に行った「サステイナブル・トラベル」に関する調査では、日本の18歳以上の旅行者のうち、「サステイナブルな旅をする意欲がある」と回答した人は81%にのぼった。近年では、フィンランドオーストラリアなどが国をあげてのサステナブルツーリズムの支援を始めており、観光業界からもサステナブルな旅行スタイルを実現するアイデアが次々と提案されている。

『sustayn』もそのひとつだ。3月にローンチされたばかりのこのオンラインプラットフォームは、サステナビリティに貢献する世界中の民泊を掲載しており、民泊の予約とホスト登録を行うことができる。さらに、ここで宿を予約すると予約の仲介手数料の50%がホスト指定の環境保全プロジェクトに寄付されるか、ホストが指定する地域コミュニティの活性化のために使用される仕組みになっている。

image via sustayn

image via sustayn

民泊の個別のページには、ホストの名前や部屋数、ベッド数などといった基本的な情報に加え、サステナビリティに貢献する設備や取り組みなどをチェックできるようになっている。さらに、その民泊を予約することで、手数料がどんなプロジェクトに寄付されるのかも確認できる。

すべてのホストは、ゲストの旅行をよりサステナブルにするヒントを与えるよう推奨されており、例えば、「Afternoon delights」という宿のページには“自分の水筒を持ってこよう!”と書かれている。sustaynのウェブサイトは、全体的にスタイリッシュな仕様で、予約も簡単にできそうだ。

image via sustayn

image via sustayn

寄付先には、ニカラグアやアパラチア山脈、スコットランドなどの森林再生プロジェクトをはじめ、花を植えることでハチを保全するプロジェクトや、ニュージーランドのカリオイ山の生物多様性を保全するプロジェクトなどが選ばれており、現在は全部で10のプロジェクトが掲載されている。寄付先はホストが選択肢の中から自分で決めることができ、プロジェクトの詳細はプラットフォーム内で閲覧できるようになっている。

sustaynのホストには世界中のどこにいても登録することができるうえ、登録の際の細かい基準は設けられていない。これについてsustaynを立ち上げたJosephSharp氏はメールインタビューで、「このプラットフォームの目的は、コミュニティ主導の方法で全ての人がよりサステナブルになることです。ですから、まずはたくさんの人にこのプラットフォームへ参加してもらいたいと思っていますし、このプラットフォームがそれぞれの地域の助けになることを望んでいます。施設を大きく変えることは急には出来ないと思いますが、特定の廃棄物共有アプリを使用したり、ゼロウェイストストアの使用をゲストに勧めたりするなど、知識を共有し、習慣の変化を起こすことは個人にもできるのです」と語っている。

現在sustaynは、サイトの利便性を改善していくために、初期ユーザーからのフィードバックを求めている。また、寄付額のパーセンテージはプラットフォームの成長とともに増やしていくとのことだ。

サステナブルな旅を助ける予約プラットフォームは、バリアフリーな旅行先だけを予約できる『WHEEL THE WORLD』や、持続可能性に配慮した宿泊施設のみを集めた『zerobnb』、予約時に寄付をすると特典がもらえる『KindTraveler』など、他にも数多く存在している。

パンデミックが収まり、また世界中を自由に旅行できるようになったときには、自分たちだけが楽しむのではなく、目的地の環境や地域の人の暮らしに寄り添い、ポジティブなインパクトを与える旅行が今よりももっと“スタンダード”になっていることを期待したい。

【参照サイト】sustayn
【転載元】宿の予約で環境を再生。サステナブルな民泊プラットフォーム「sustayn」 | 世界のソーシャルグッドなアイデアマガジン | IDEAS FOR GOOD

The following two tabs change content below.

Livhub 編集部

Livhub(リブハブ)は、旅する、暮らす、働く、遊ぶ、学ぶ、あらゆる境界線をなめらかにして、自分らしくサステナブルな生き方を楽しむウェブマガジンです。体験、民泊、ワーケーション、二拠点・多拠点居住、地方創生などのテーマを中心に、人も自然も豊かにするアイデアをご紹介します。

ABOUTこの記事をかいた人

Livhub(リブハブ)は、旅する、暮らす、働く、遊ぶ、学ぶ、あらゆる境界線をなめらかにして、自分らしくサステナブルな生き方を楽しむウェブマガジンです。体験、民泊、ワーケーション、二拠点・多拠点居住、地方創生などのテーマを中心に、人も自然も豊かにするアイデアをご紹介します。