LivingAnywhere Commons

Living Anywhere CommonsLiving Anywhere Commonsは、拠点を共有し、仲間と共生しながら、自宅やオフィスにしばられることなく、どのような場所にいても好きなように過ごす「Living Anywhere」を実現するための技術やアイデアをともに作っていくコミュニティです。一般社団法人Living Anywhereが運営しています。全国の遊休施設を活用しているため、空き家問題解消の一助にもなっています。

LivingAnywhere Commonsの概要

サイト名 LivingAnywhere Commons
サイトURL https://livinganywherecommons.com/
会社名 一般社団法人LivingAnywhere
料金 月額27,500円 初期費用22,000円
ビジター6,600円/日
【法人メンバー】
2 ID 55,000円/月 初期費用88,000円
4 ID 110,000円/月 初期費用66,000円
10 ID 275,000円/月 初期費用無料
掲載施設数 国内11拠点
最低契約期間 1か月

※上記は2021年1月調査時点での情報となります。最新情報についてはウェブサイトをご確認ください。

LivingAnywhere Commonsのおすすめポイント

LivingAnywhere Commons コンセプト画像

決めた場所で好きなように過ごすコンセプトが魅力

LivingAnywhere Commonsの会員は、拠点を共有し、仲間と共生しながら、自宅やオフィスにしばられることなく、どのような場所にいても好きなように過ごす「Living Anywhere」を実現するための技術やアイデアをともに作っていくコンセプトのもとで運営されています。

LivingAnywhere Commonsへの賛同企業・自治体が増加中

LivingAnywhere Commonsは、企業や自治体などの有志団体によって各地に拠点をつくり、シェアし、どこでも働くことができる環境(#WorkingAnywhere)を整える「LivingAnywhere WORK プラットフォーム構想」も掲げており、2021年1月時点で約100の企業、約50の自治体が賛同しています。

LivingAnywhere Commons WORKコンセプト画像

徳島県美馬市の拠点ではハンモサーフィンとも連携

LivingAnywhere Commonsは、一般社団法人ハンモサーフィン協会が運営する多拠点居住サービス「ハンモサーフィン」と連携しており、徳島県美馬市の拠点では、ハンモサーフィンのメンバーとも新たな共創が期待できます。

詳細・お問い合わせ

LivingAnywhere Commonsのサービス内容や料金の詳細についてより詳しく知りたい方は、下記からお問い合わせください。

(Livhub 編集部)