千葉県、神奈川県、静岡県の海沿いワーケーションスポット10選!

江ノ島の海

波の音や潮の香りなど、非日常を味わいたいときの滞在先としても人気の「海沿い」。東京近郊にも、海の景観を活かしたワーケーションスポットが数多くあります。今回は、千葉県・神奈川県・静岡県といった、都心から行きやすい海沿いのワーケーションスポット10選をまとめて紹介します。プチリゾート気分を味わいに、海が見えるワーケーションスポットまで出かけてみましょう!

※各地域の新型コロナウイルス感染症の状況を、予約・出発前に各自事前にご確認のほどお願いいたします。

波の音が心地よい海沿いは、ワーケーションにも最適

山や森、温泉などさまざまなワーケーションスポットがある中、海沿いも滞在先の候補として人気を集めています。海沿いでのワーケーションは、海を眺めながら仕事をしたり、仕事終わりにビーチでリフレッシュしたりと、非日常感を味わえるのが大きなメリット。

海のそばに位置する施設は、海を活かした景観をアピールポイントにしていることが多いため、施設内に大きな窓があったり、海が見える場所にコワーキングスペースや食堂を設置していたりするケースも多くあります。仕事の合間に普段と違う開放感のある景色を眺めることで、リフレッシュやストレス解消につながるでしょう。また、ワーケーションの休暇時間には、マリンスポーツなどのアクティビティを楽しむのもおすすめ。ビーチ周辺の施設なら、砂浜の散歩もしやすく、ちょっとした隙間時間に海とふれあうこともできるでしょう。磯遊びや海釣りなど、子どもたちが喜ぶアクティビティは、家族連れにも人気です。

ここからは、東京から行きやすい距離の千葉県や神奈川県、静岡県の海沿いにある、おすすめのワーケーションスポット10選を紹介します。波の音を聞きながら作業したり、空や海の表情の変化を楽しんだりしながら、プチリゾート気分のワーケーションをしてみませんか?

【千葉県】おすすめの海沿いワーケーションスポット

千葉県は広く海に面しており、数多くのビーチがあります。都内からのアクセスもよいため、気軽にワーケーションを楽しみたい方にはぴったりのスポットです。

Hotel&Resorts MINAMIBOSO(南房総市富浦町)

「ホテル&リゾーツ 南房総」は、大房(たいぶさ)岬自然公園内に位置し、海と森の豊かな景色が望めるリゾートホテルです。客室タイプの1つにオーシャンビューの「ワーケーションルーム」があり、室内にはデスクチェアや大型ディスプレイ、コーヒーメーカーを完備。海を眺めつつ仕事に専念できる空間となっています。また、館内にはプール(夏季のみ営業)や大浴場「枇杷の湯」があり、ゆったりと仕事の疲れを癒せます。ファミリー向けの客室や犬と泊まれる客室もあるため、家族連れ・ペット連れでのワーケーションも可能です。

ホテルから続く階段を下った先にある「海岸園地」では、磯遊びや遊歩道でのハイキング、森の中でのバードウォッチングといったアクティビティが年間を通して楽しめます。

住所 千葉県南房総市富浦町多田良1212
電話番号 0470-33-3811
アクセス ・館山自動車道「富浦IC」から8分
・JR内房線「富浦駅」からタクシーで10分
URL https://www.daiwaresort.jp/minamiboso/index.html

コミュニティスペース まるも(富津市金谷)

海沿いに面する穏やかな街にある「コミュニティスペースまるも」。東京から電車で2時間ほどで行ける上、神奈川県から金谷行のフェリーも出ているため、アクセスがよいことも魅力の一つです。フリーランスの聖地としても知られており、さまざまな分野のフリーランスがコミュニティーメンバーとして登録しています。施設内にはWi-Fi・電源完備のコワーキングスペースが備えられており、メンバー登録をするとコワーキングスペースが月額制で利用できます。メンバー以外も1日2,000円で利用可能なため、ワーケーションでのスポット利用にも最適。BBQセットの貸し出しも行っているため、仕事終わりに仲間や家族と一緒にビール片手にBBQをして疲れも癒せます。

また近隣には金谷海浜公園や金谷漁港があるほか、名物のアジフライや浜焼きを楽しめる食事処もあるため、散策も楽しめるでしょう。

住所 千葉県富津市金谷3870
電話番号 0439-29-6173
アクセス ・JR内房線「浜金谷駅」から徒歩4分
・富津館山道路/館山線「富津金谷IC」から16分
URL https://marumo.net/

ドゥカーレ ガーデンホテル 九十九里(九十九里町)

2017年8月にリニューアルした「ドゥカーレ ガーデンホテル 九十九里」は、九十九里浜から徒歩わずか5分のと立地の良さが評判のホテルです。敷地内全域でフリーWi-Fiに接続可能なため、客室やガーデンなど好きな場所で仕事ができます。部屋タイプは「トレーラーハウス」と和・洋の「リゾートハウス」、「エコノミー」があり、好みに合わせて選べます。またペットと宿泊できる部屋もあるため、愛犬と一緒にワーケーションをすることも可能です。

全長約66kmの九十九里浜では、さまざまなマリンアクティビティが楽しめるため、レジャーが充実するのも魅力。ホテル内には共用の温水シャワーがあり24時間いつでも利用できるため、近隣のビーチでサーフィンや釣りなどを楽しんだ後、海水を流すことができます。

住所 千葉県山武郡九十九里町粟生2315-28
電話番号 0475-53-3966
アクセス ・JR東金線「東金駅」からタクシーで15分
・千葉東金道路「東金IC」から25分
URL https://ducale-hotel.com/

【神奈川県】おすすめの海沿いワーケーションスポット

神奈川県には、鎌倉や江ノ島、藤沢、茅ヶ崎、大磯、三浦海岸といった魅力的なスポットが多数あります。それぞれのエリアに特色があるため、海沿いを移動しながらのワーケーションも楽しめるかもしれません。

BIZcomfort片瀬江ノ島(藤沢市)

片瀬江ノ島駅からほど近い場所にある「BIZcomfort片瀬江ノ島」のコンセプトは、「海・仕事・太陽」。マリンスポーツ好き・海好きな人が集まるコワーキングスペースです。施設内には食事・通話・WEB会議が可能な「カフェブース」と、メインの作業スペース「ワークブース」があり、好みの場所で仕事ができます。窓から海が一望できるデスクや、潮風を感じながら作業ができるテラス・屋上もあるため、非日常の景色が仕事の疲れを癒やしてくれるでしょう。

施設から海まではわずか徒歩1分。1Fにはサーフィンスクールの老舗「OHANA SURF」があるため、早朝や仕事の合間などにサーフィンも楽しめます。

住所 神奈川県藤沢市片瀬海岸2-20-12 OHANA terrace(オハナテラス)2F
電話番号 03-5789-3325(BIZcomfort総合窓口)
アクセス ・小田急江ノ島線「片瀬江ノ島駅」から徒歩3分
・江ノ電「江ノ島駅」から徒歩8分
URL https://bizcomfort.jp/kanagawaken/kataseenoshima.html

Takasuna BASE(茅ヶ崎市)

茅ヶ崎駅の海側に位置する「たかすなベース」は、誰もが一度は憧れる海沿いのライフスタイルが体験できるコワーキングスペース。「都心からほどよい距離感」と「海街らしい空間」、「“海好き”という共通の価値観を持った人たちと過ごせる空間」をコンセプトにしています。ワークスペースは365日24時間使用可能で、Wi-Fiやコピー機、プロジェクターなどビジネスに必要な環境が整っています。1日3時間~のドロップイン利用や月額制での長期利用など、ワークスタイルに合わせて選べます。

施設内にはシャワーやサーフボードロッカー、レンタル自転車など海街ならではのサービスを完備しているため、仕事の合間にさまざまなアクティビティが楽しめます。

住所 神奈川県茅ヶ崎市東海岸北1-2-8
電話番号 0467-37-9837
アクセス JR「茅ヶ崎駅」から徒歩3分
URL https://www.takasuna-base.co.jp/

WeBase鎌倉(鎌倉市)

「WeBase鎌倉」は由比ヶ浜海岸から徒歩1分にある海沿いのホテル。鎌倉観光の拠点利用としてのみならず、ヨガスタジオやレストラン、ラウンジなどで行われるさまざまなアクティビティを通して、心身共に豊かな体験ができるのがポイントです。全館フリーWi-Fi完備で、客室をはじめ好きな場所での仕事が可能。共有スペースのラウンジには、24時間利用可能なPCがあり、自由に利用できます。日光浴ができる「コートヤード(中庭)」や散歩ができる「瞑想ガーデン」、ヨガやピラティスができる「Another World」のほか、大浴場なども備えているため、館内のみでも充実した余暇を過ごせるでしょう。

周辺では手軽に海・山のアクティビティが楽しめ、古都鎌倉の名所・史跡めぐりにも好立地です。

住所 神奈川県鎌倉市由比ガ浜4-10-7
電話番号 0467-22-1221
アクセス 江ノ電「由比ヶ浜駅」から徒歩3分
URL https://we-base.jp/kamakura/

葉山 うみのホテル(葉山町)

「葉山 うみのホテル」は、2020年3月にオープンした、海沿いに佇むホテルです。それぞれの客室やロビー、ラウンジには、葉山で活躍するアーティストの絵画や海の写真などが飾られており、どこにいても海の雰囲気を感じられる空間。最上階の大浴場では水平線を眺めながらの入浴ができます。室内には、仕事がしやすいスペースやコンセントを完備。窓の外を見ると海が視界に入るため、ちょっとした隙間時間にもリフレッシュができるでしょう。

周辺には森戸海岸や一色海岸、そしてヨットがつらなる葉山マリーナがあり、散策やマリンアクティビティが楽しめます。

住所 神奈川県三浦郡葉山町堀内251-1
電話番号 046-854-7411
アクセス ・JR「逗子駅」からバスで10分
・三浦半島中央道路「逗子IC」から24分
URL https://www.umino-hotel.com/

【静岡県】おすすめの海沿いワーケーションスポット

静岡県は海沿いのロケーションとともに、温泉も楽しめる魅力的なスポットがあります。プチ旅行気分を味わうにはぴったりのエリアです。

伊豆高原シーズンズ(伊東市)

「伊豆高原シーズンズ」は、観光地でありながら森の中に位置しており、静かな環境が魅力のコンドミニアムです。3つの客室にはテラスがあり、天気が良いと伊豆大島や遠く利島まで見渡せるオーシャンビューが楽しめます。海を眺めながら気分転換をすれば、また仕事の活力にもつながるでしょう。仕事に必要な設備のほか、室内にはミニキッチンも備えているため、仕事の合間に簡単な自炊をすることも可能。非日常空間でありながら、自宅のような居心地の良さを感じることもできます。また、施設の1階にはトンボ玉やアロマキャンドルの手作り体験ができる施設もあり、有意義な家族時間を過ごすこともできるでしょう。

施設から一歩出れば、城ケ崎海岸や小室山で散策したり、ゴルフや海釣りを楽しんだりと、周辺のアクティビティも充実。近くのレストランやカフェでゆっくりと食事をすることもできます。

住所 静岡県伊東市富戸1108-30
電話番号 0557-51-6005
アクセス 伊豆急行「富戸駅」からタクシーで3分
URL https://izu-seasons.com/

熱海後楽園ホテル(熱海市)

「熱海後楽園ホテル」は、ホテル、スパ、フードマーケットの複合型リゾートです。目の前が海という好立地で、タワー館の客室からはオーシャンビューが楽しめます。ホテル館内には天然温泉の大浴場や貸切露天風呂、海の幸をふんだんに味わえるレストランなどがあります。全館Wi-Fiを完備しており、客室はもちろん、ロビーやレストランなど各所で接続可能。またフロントにてPC周辺機器セット(マウス、外付けテンキーボード、 USBヘッドセットなど)を貸し出しているので、仕事中に急に必要になった場面でも安心です。

周辺のビーチを散策したり、遊覧船に乗って海の景色を楽しんだり、ご当地グルメを味わったりと、レジャーも充実するでしょう。

住所 静岡県熱海市和田浜南町10-1
電話番号 0557-81-0041
アクセス ・JR「熱海駅」からバスで10分
・西湘バイパス「石橋IC」から25分
URL https://www.atamikorakuen.co.jp/

休暇村南伊豆(南伊豆町)

「休暇村南伊豆」は、目の前に広がるロングビーチの景観と温泉が楽しめるホテルです。「庭園露天風呂」や「壺湯」など趣向の違った温泉では、潮騒を感じながらゆったりとしたひとときを過ごせます。また屋上にある、南伊豆町の豊かな自然を眺めながら浸かれる足湯も人気です。館内の3階には、「ワーケーション専用ルーム」が設けられており、「日帰りワーケーションプラン」では1日3,000円から利用することができます。

目の前の白砂のビーチを裸足で散歩したり、シーカヤック・スタンドアップパドル・シュノーケリング・サーフィンをしたりと、さまざまなアクティビティが楽しめます。

住所 静岡県賀茂郡南伊豆町湊889−1
電話番号 0558-62-0535
アクセス JR伊東線/伊豆急線「伊豆急下田駅」からバスで25分
URL https://www.qkamura.or.jp/izu/

海を眺められるスポットで仕事と休暇を楽しもう

海沿いでのワーケーションは、仕事の合間にオーシャンビューを楽しんだり、マリンスポーツをして余暇を過ごしたりと、さまざまな楽しみ方ができます。海の景色を眺めたい方、海ならではのアクティビティを楽しみたい方にぴったりです。海沿いへ出かけて、好みのワーケーションスポットを見つけてみましょう!

※各地域の新型コロナウイルス感染症の状況を、予約・出発前に各自事前にご確認のほどお願いいたします。

The following two tabs change content below.

Livhub 編集部

Livhub(リブハブ)は、旅する、暮らす、働く、遊ぶ、学ぶ、あらゆる境界線をなめらかにして、自分らしくサステナブルな生き方を楽しむウェブマガジンです。体験、民泊、ワーケーション、二拠点・多拠点居住、地方創生などのテーマを中心に、人も自然も豊かにするアイデアをご紹介します。

ABOUTこの記事をかいた人

Livhub(リブハブ)は、旅する、暮らす、働く、遊ぶ、学ぶ、あらゆる境界線をなめらかにして、自分らしくサステナブルな生き方を楽しむウェブマガジンです。体験、民泊、ワーケーション、二拠点・多拠点居住、地方創生などのテーマを中心に、人も自然も豊かにするアイデアをご紹介します。