自然を満喫しながらワーケーション!東京から気軽に行けるスポット10選

海や山などの自然に囲まれて気持ちよく仕事をしたり、休暇中に普段体験できないアクティビティを楽しんだりと、自然を感じられる場所でのワーケーションには、たくさんの魅力があります。非日常的な環境でリラックスしながら仕事をすることで、新たなアイデアが湧いてくることもあるかもしれませんね。今回は、都内からでも行きやすい自然を満喫できるワーケーション施設を紹介します。

山や海など、自然豊かなエリアはワーケーションにも人気

自然豊かな環境が広がるエリアは、ワーケーションの行き先としても人気です。目の前に緑の山が見えたり、大きな海が見えたりすることで、仕事中のリフレッシュがしやすい環境なのが人気の理由の一つ。自然を身近に感じられるエリアにある施設では、外の空気を吸いながら仕事ができるテラス席があったり、海沿いにコワーキングスペースを設置していたりと、それぞれの場所によって魅力的な特徴があります。

また、施設周辺にも観光地やアクティビティ体験ができるところも多くあるため、1人でのんびりしたいときだけでなく、家族や仲間と一緒にワーケーションに行くのにもおすすめです。

ここからは、都内から気軽に行ける千葉県や神奈川県、静岡県、山梨県で、自然を満喫しながらワーケーションができるおすすめスポット10選を紹介します。

【千葉県】自然を満喫できるワーケーションスポット

周りを海に囲まれた、温暖な気候の千葉県。東京からも比較的近いエリアにありながら、自然も感じられるワーケーションスポットの一つです。

ちくらつなぐホテル(南房総市)

2019年8月にオープンした「ちくらつなぐホテル」。南房総千倉町にあり、ホテルの周辺には里山や海、花畑など、豊かな自然があふれています。客室は個室や大部屋があるほか、より自然を身近に感じたい場合は、テントサイトでの宿泊するのがおすすめです。施設の2Fにあるアトリエスペースは24時間利用可能で、海を見ながら開放的な気分で仕事ができます。ホテルでは、地域の農家と協力し野菜や果物の収穫体験なども開催予定。「いちご狩り」で摘んだいちごを使ったジャム作りを実施するなど、多数のイベントも企画しています。

周辺には、目の前に南千倉海水浴場が広がっており、マリンスポーツも楽しめます。千倉の朝市や屏風岩など観光スポットが多いのも魅力です。

住所 千葉県南房総市千倉町北朝夷2967
電話番号 0470-29-7370
アクセス 内房線「千倉駅」からタクシーで約6分
URL https://chikura.tsunaguhotel.jp/

リソルの森(長柄町)

「リソルの森」は、千葉県房総台地にあるスパリゾート施設です。100万坪にもなる広大な敷地には、グランピングや天然温泉施設などがあり、自然との触れ合いから心と体のケア、スポーツなどのさまざまな体験ができます。宿泊する際はグランピング、コテージ、キャンプ、ホテルの4つのスタイルから選択可能。どこにいても非日常感が漂う空間となっています。

仕事に集中したあとは、森林冒険施設「フォレストアドベンチャー・ターザニア」で、アクティビティを楽しむのもおすすめ。BBQやゴルフなど、施設内でいろいろなことが楽しめる魅力的な場所です。

住所 千葉県長生郡長柄町上野521-4
電話番号 0475-35-3333
アクセス ・千葉外房有料道路「板倉IC」から約15分
・JR外房線「誉田駅」南口から無料シャトルバスで約20分
URL https://www.resol-no-mori.com/

昭和の森フォレストビレッジ(千葉市)

「昭和の森フォレストビレッジ」は、千葉県最大級の公園「千葉昭和の森」のなかにある複合施設で、エリア内には合宿施設やキャンプ場、多目的広場のフォレストシールドなどがあります。キャンプはもちろん、BBQなどのアウトドアができるエリアや、フットサルコートも完備。また、旧千葉市ユースホステルをリノベーションしたフォレストロッジ内はヴィンテージな雰囲気のロビーがあり、簡単な打ち合わせや休憩などに利用できます。施設1棟貸切プランもあるので、仲間と一緒に合宿をしたり、研修などに利用するのもよいですね。

敷地内だけでも自然を満喫することができますが、周辺にはテニスやサッカーなどのスポーツができる昭和の森公園やホキ美術館などがあるため、さまざまな過ごし方が楽しめるでしょう。

住所 千葉県千葉市緑区小食土町955
電話番号 03-6632-2162
アクセス 千葉東金有料道路「土気中野IC」より約15分
URL http://forestvillage.jp/

【神奈川県】自然を満喫できるワーケーションスポット

神奈川県は、海と山に囲まれ、「箱根温泉」や「湯河原温泉」といった温泉街があることでも知られる場所です。ここからは、海沿いや山、眺望抜群のワーケーションができる施設を紹介します。

小田急 山のホテル(箱根町)

「山のホテル」は、1948年に岩崎小彌太男爵の粋とホスピタリティを受け継いで誕生したホテルです。目の前には芦ノ湖があり、ホテル自慢の庭園からは富士山を見ることができます。ホテル周辺には箱根の観光地も多く、拠点として利用するのもおすすめです。歴史あるホテルの中で寛ぐのはもちろん、フロアごとの違うデザインを楽しみながらゆっくりとリゾートライフを送るのも、楽しみ方の一つ。全客室にWi-Fiを完備しているため、仕事の環境も整っています。自然を眺めながら仕事をしたあとは、温泉やスパを利用してリフレッシュするのもよいでしょう。

ホテルのすぐ隣には箱根神社や成川美術館、箱根関所など見どころがたくさん。休暇中や仕事前後の散歩も楽しめそうです。

住所 神奈川県足柄下郡箱根町元箱根80
電話番号 0460-83-6321
アクセス ・「箱根湯本駅」から、箱根登山バスで「箱根港」下車後、無料送迎バスで約5分
URL https://www.hakone-hoteldeyama.jp/

小田原市いこいの森 RECAMP おだわら(小田原市)

「小田原いこいの森 RECAMP おだわら」は、都心からでも車で1時間とアクセスの良さが人気のキャンプ場。箱根湯本の温泉街へも、車を使えば約10分で行けるため、気軽に立ち寄ることも可能です。テント泊の場合は、林間サイト、川が流れるリバーサイド、森の中の密林サイトから好みに合わせて選べるほか、バンガローやキャビンなどを利用して手軽に宿泊することもできます。キャンプ道具を持っていなくても安心の「手ぶらプラン」もあるため、初心者でもキャンプにチャレンジしやすい施設です。

周辺には、「小田原こどもの森わんぱくランド」や、大人も楽しめる「フォレストアドベンチャー」もあるため、家族連れにもおすすめです。

住所 神奈川県小田原市久野4294-1​
電話番号 0465-24-3785
アクセス ・JR「小田原駅」から箱根登山バス「いこいの森(わんぱくらんど)行」で約20分
・小田原厚木道路「荻窪IC」から5分
URL https://www.recamp.co.jp/odawara

BIZcomfort片瀬江ノ島(藤沢市)

海まで徒歩1分という環境にある「BIZcomfort片瀬江ノ島」は、「海・仕事・太陽」をコンセプトとしたコワーキングスペースです。海好き、マリンスポーツ好きのためのコワーキングスペースで、24時間利用可能。早朝に海の散歩をしたあとや日の出を眺めながら仕事をすることもでき、海ならではの自然を感じられる環境です。会員登録をすればコワーキングスペースや会議室や郵便ポスト、ロッカーなどもオプションで利用できます。施設の1Fはサーフィンスクールがあるので、仕事の合間にサーフィンを楽しむことも可能。海風を感じながらカフェスペースや屋上テラススペースで仕事をすれば、リフレッシュもできるかもしれません。

近くの新江ノ島水族館へ行ったり、江ノ電に乗って鎌倉方面へ出かけたりと、観光も楽しめそうですね。

住所 神奈川県藤沢市片瀬海岸2-20-12 OHANA terrace(オハナテラス)2F
電話番号 03-5789-3325
アクセス ・小田急江ノ島線「片瀬江ノ島駅」から徒歩3分
・江ノ電「江ノ島駅」から徒歩8分
URL https://bizcomfort.jp/kanagawaken/kataseenoshima.html/

【山梨県】自然を満喫できるワーケーションスポット

山々に囲まれている山梨県は、日本を代表する「富士山」を間近に眺められるのが魅力です。特産のワインやフルーツを楽しめるスポットも数多くあります。

ホテルマウント富士(山中湖村)

「ホテルマウント富士」は、1963年創業の富士山と山中湖が一望できる老舗のホテルです。富士を見るために建てられたホテルともいわれており、施設からは四季折々の表情の富士山が眺められ、大自然を感じることができます。温泉は、ロウリュサウナ・水風呂・絶景外気浴などがある「満天星の湯」と富士山と山中湖を一望できる絶景露天風呂「はなれの湯」の2つがあります。仕事に疲れてリフレッシュしたいときは、窓の外を眺めたり、プールや温泉につかって一息つくのもよいですね。ワーケーション専用のプランでは、客室とは別のワーケーションスペース利用し、仕事ができます。

休暇中は、ホテルの遊歩道を散歩したり、森の素材を使ったネイチャークラフト教室や星空観察などの体験プログラムに参加したりと、ホテル内でさまざまな楽しみ方ができそうです。

住所 山梨県南都留郡山中湖村山中1360-83
電話番号 0555-62-2111
アクセス ・「JR御殿場駅」から、富士急路線バス「富士山・山中湖」からホテルの送迎バスで約10分
・富士五湖道路「山中湖IC」から約15分
URL https://www.mtfuji-hotel.com/

LivingAnywhere Commons 八ヶ岳北杜(北杜市)

日本百名山の一つである八ヶ岳の標高1000mの位置にある「LivingAnywhere Commons 八ヶ岳北杜」。既存のインフラに頼らない、未来の暮らしを実験する場所として運営している施設です。施設内にあるワークスペースは、1人で集中して仕事を行いたい時にぴったりの「インスタントハウス」や、オートキャンプ場にある「アウトサイドリビング・ワークプレイス」、建物の2階にある明るく開放的な「コワーキングラウンジ」など。全館インターネットを接続可能であることに加え、目の前には富士山や八ヶ岳連邦を眺められる自然豊かな環境です。また、利用者同士が交流できる空間にもなっているので、新しいコミュニティ作りにもつながりそうです。

周辺には、パノラマの湯やひまわり市場、道の駅、中村農場などもあるため、休暇時間には地域の人やものに触れる体験を楽しめるでしょう。

住所 山梨県北杜市大泉町谷戸5460
電話番号 050-5317-9686
アクセス ・中央自動車道「長坂IC」から約15分
・JR中央本線「小淵沢駅」からタクシーで約20分
URL https://livinganywherecommons.com/base/yatsugatake/

【静岡県】自然を満喫できるワーケーションスポット

海や山の自然が豊かな環境の静岡県。温泉に浸かりながらゆっくり景色を眺めたり、漁港で美味しい海産物を食べたりできるおすすめのエリアです。

伊豆マリオットホテル修善寺(伊豆市)

「伊豆マリオットホテル」は、自然豊かな伊豆・修善寺にある富士山や天城連山を望む眺望抜群のホテルです。広大な敷地を活かしたさまざまなアクティビティが体験できるのも魅力。修善寺の座禅体験や中伊豆のワサビ満喫ツアーなど、休日には非日常を体験できる企画なども用意しています。露天風呂付の客室もあるため、仕事で一息つきたいときにも部屋から出ずにリフレッシュ可能。また、滞在時間を長く取りたい方には、アーリーチェックイン、レイトチェックアウト可能なホテル独自のファミリーワーケーションプランもあります。

ホテルの周辺には修善寺温泉街が広がるほか、竹林や寺院、伊豆の国パノラマパークなどの観光スポットが数多くあります。修善寺駅から無料の送迎バスが運行しているので、電車でぼアクセスも便利でしょう。

住所 静岡県伊豆市大平1529
電話番号 0558-72-1311
アクセス ・伊豆箱根鉄道駿豆線「修善寺駅」からバスで約25分
・伊豆縦貫道経由、天城北道路「大平IC」から約15分
URL https://www.izu-marriott.com/

スイートヴィラオーシャンビュー 熱海自然楼熱(熱海市)

熱海市にある一軒家の別荘「スイートヴィラオーシャンビュー 熱海自然楼熱」。周辺を自然に囲まれており、高台にあるため、リビングやデッキテラスから熱海の海と街が一望できます。和風の建物は落ち着いた雰囲気で、屋内には4つの和室があります。その中からお気に入りの部屋を見つけて、仕事部屋とするのもよさそうですね。キッチンで料理をしたり、広々したダイニングで食事を囲んだりと、プライベート空間として利用できるのも一軒家の魅力。ヒノキ風呂に浸かりながら、景色を眺めてリラックスするのもよいでしょう。

周辺には、ポット戸田幸四郎絵本美術館やアカオハーブ&ローズガーデン、熱海梅園などの観光スポットが多くあります。

住所 静岡県熱海市上多賀1065-83
電話番号 03-3346-8383
アクセス 「熱海駅」からタクシーで約20分
URL https://www.chillnn.com/177fb988f7b3e4#hotelMenu

自然豊かな場所でワーケーションをしよう

都会から少し足を伸ばせば、自然を感じながら仕事ができる場所はたくさんあります。普段ビルに囲まれた環境で仕事をしている方にとっては、海や川、山などの大自然を身近に感じるだけでも非日常体験になるかもしれません。自然豊かな環境を活かしたアクティビティや観光も楽しむなど、自分の好きなスタイルを見つけて、ワーケーションを満喫してみてはいかがでしょうか。

The following two tabs change content below.

Livhub 編集部

Livhub(リブハブ)は、旅する、暮らす、働く、遊ぶ、学ぶ、あらゆる境界線をなめらかにして、自分らしくサステナブルな生き方を楽しむウェブマガジンです。体験、民泊、ワーケーション、二拠点・多拠点居住、地方創生などのテーマを中心に、人も自然も豊かにするアイデアをご紹介します。

ABOUTこの記事をかいた人

Livhub(リブハブ)は、旅する、暮らす、働く、遊ぶ、学ぶ、あらゆる境界線をなめらかにして、自分らしくサステナブルな生き方を楽しむウェブマガジンです。体験、民泊、ワーケーション、二拠点・多拠点居住、地方創生などのテーマを中心に、人も自然も豊かにするアイデアをご紹介します。