無印良品の家「陽の家」那須ハイランドに貸別荘として2棟オープン

「無印良品の家」を展開する株式会社MUJI HOUSEは、法人向け「無印良品の家」受注事業の第一弾として、藤和那須リゾート株式会社より「陽の家」を2棟受注し、同社が運営する那須ハイランドリゾート内に、12月中旬より貸別荘としてオープンした。

「陽の家」は、耐震性や断熱性など住宅に求められる性能を追求し、庭とつながる全開口サッシや、木の質感を大切にしたデザインを採用している。また、平家ならではのフラットな空間を間仕切り壁のない1室とすることで、ミニマルでありながら開放的な空間を演出し、暮らしの形に合わせて、自由な間取りを編集できる家となっている。

今回、藤和那須リゾートは、那須地域最大の別荘地である那須ハイランドリゾートを「陽の家」に適していると判断し、貸別荘事業のラインナップに加えることとなった。

なお、「陽の家」が貸別荘としてオープンするのは日本初。2棟とも、通常は開放的な1室空間だが、大きな引き込み戸により2ベッドルームを確保できる間取りとなっている。宿泊は、最大6名まで可能。また1棟は、広大なウッドデッキに浴槽を埋め込んでおり、森林浴を楽しみながら天然温泉(予定)でくつろぐことができる。

那須ハイランドリゾート内「陽の家」のウッドデッキ

MUJI HOUSEでは、この「陽の家」を通じて、IT技術の進化と新しい働き方の促進により、都心部に住むという常識にとらわれず、少し離れた郊外で海や緑の自然を日常とする、新しい暮らしの可能性を提唱している。

これまで「無印良品の家」 は、2004年10月に「木の家」、2007年4月に「窓の家」、2014年4月に都市型3階建て住宅「縦の家」、そして2019年9月に平屋「陽の家」と、いずれもグッドデザイン賞を受賞した家を販売してきた。

近頃は新しい暮らし方が掲げられる背景から、「陽の家」に、住宅としてだけではなく、宿泊施設やワーケーション、シェアオフィスなどとしての問い合わせが増えているという。そのため、同社はすでに御殿場や軽井沢など、さまざまな地域での新しい暮らしの形を表す「ニューノーマル」に対応できるように、専用住宅用途以外の「無印良品の家」の提案も進めている。今後もMUJI HOUSEは「陽の家」を中心に、多様なニーズや用途に対応しながら、法人事業を展開していく方針だ。

【ウェブサイト】【2020年12月NEW OPEN】 庭と仲良くする家。無印良品陽の家 NASU 02|那須高原TOWAピュアコテージ
【ウェブサイト】無印良品の家

(Livhubニュース編集部)

The following two tabs change content below.

明田川蘭

大の旅好き&温泉好き。一人で海外へ、一人で車を走らせて日本の名湯へ。アフリカ大陸と北極南極以外に降り立ち、行った国は30を越え、巡った温泉地は100を超える。沖縄観光メディアの編集者やホテルメディアの立ち上げ経験あり。「旅は人の心を豊かにする」と本気で思い、記事を執筆している。

ABOUTこの記事をかいた人

大の旅好き&温泉好き。一人で海外へ、一人で車を走らせて日本の名湯へ。アフリカ大陸と北極南極以外に降り立ち、行った国は30を越え、巡った温泉地は100を超える。沖縄観光メディアの編集者やホテルメディアの立ち上げ経験あり。「旅は人の心を豊かにする」と本気で思い、記事を執筆している。